BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)

コンセプトは洗練 2014.11.14 試乗記 「SUV+クーペ」という大胆なコンセプトを持つ「BMW X6」が初のフルモデルチェンジを受けた。従来よりじわりと大胆、かつ躍動的なスタイリングに生まれ変わった新型。その存在感は先代モデルを超えたか? X6の生まれ故郷、アメリカはスパータンバーグからの第一報。

小さな違いは大きな違い

世に言うSUVではなくSAV=スポーツ・アクティビティー・ビークルという言葉を使うBMWが、その派生形としてSAC=スポーツ・アクティビティー・クーペとして「X6」をデビューさせたのは、2010年のこと。SUVをよりにもよってクーペと融合させた、その斬新で大胆、あるいはぜいたくだし、大いに無駄でもあるそのコンセプトは、当時のリーマンショック後の世の中には、まったくそぐわないように見えたものだった。

しかしこのX6、結果としては大ヒットとなった。これまでの世界販売は実に26万台にも達しているというのだ。ざっくりとした数字で言えば、アメリカ・サウスカロライナ州のスパータンバーグ工場では毎日、「X5」の2~3割近い数のX6が生産されているという。こんな時代でも、いや、こんな時代だからこそ、こういうクルマを欲する人は少なくないのである。

そんなX6の初のフルモデルチェンジが、キープコンセプトで行われたのは当然だろう。その姿は誰が見ても、ひと目でX6と分かる。実際、車体の基本骨格も従来型から継承されているのだが、外板には従来と共通の部分はない。フロントマスクを見れば、最近のBMWのトレンドでヘッドライトはキドニーグリルでつなげられてワイド感が強調され、ボディーサイドにも前後のフェンダーを強調するようなプレスラインが入れられ、躍動感を高めている。

正直言って初見では、そんなに変わっていないように見えた。しかしながら新型の後に先代モデルを見ると、これが随分あっさりしているように見えるのだ。

2014年6月にワールドデビューを果たした新型「X6」。日本では同年8月に受注が開始された。
2014年6月にワールドデビューを果たした新型「X6」。日本では同年8月に受注が開始された。
ボディーサイドには特徴的な2本のプレスラインが走る。
ボディーサイドには特徴的な2本のプレスラインが走る。
スリーサイズは全長4909×全幅1989×全高1702mm。ホイールベースは2933mm(数値は欧州仕様)。
スリーサイズは全長4909×全幅1989×全高1702mm。ホイールベースは2933mm(数値は欧州仕様)。

BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像
関連記事 ホームへ戻る