第373回:イタリア製ジープは、SUV市場に新しい風を巻き起こすか!?

2014.11.14 エッセイ

最新版・本場のフィアット系販売店の風景

ここ数年イタリア国内のフィアット系販売店は、市場の規模縮小と、それに伴う本社からの指導により、取り扱い各ブランドの展示スペース集約化を進めてきた。

具体的にいうと10年くらい前までは、同じ地域の販売会社が経営しているにもかかわらず、フィアット、ランチア、アルファ・ロメオそれぞれに独立したショールームが与えられているところが多かった。それが近年では、3ブランドを段階的に同じショールームで扱うようになってきた。
加えて2009年にフィアットグループがクライスラーと提携し、今日のフィアット・クライスラーに至る第一歩を踏み出したことで、イタリアのフィアットディーラーは、ジープブランドも一緒に並べるようになった。

ボクの街のフィアット系ディーラーもこんにち、上記の各ブランドをひとつのショールームに集約して展示している。展示構成は期間中の販売強化車種によって異なるが、目下ジープ3台、フィアット、アルファ・ロメオ、ランチア各1台、といったところだ。ちなみに、2018年までの数カ年計画で新車がないランチアのスペースは、次第に狭められている。

2014年10月に開催されたパリモーターショーにおける「ジープ・レネゲード」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。