つや消しボディーのMINIブラックナイト再登場

2014.11.11 自動車ニュース
「MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイト」
「MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイト」

MINIのSUVモデルにマットブラックの限定車が再登場

BMWジャパンは2014年11月10日、「MINIクロスオーバー」と「MINIペースマン」に特別仕様車「BLACK KNIGHT(ブラックナイト)」を設定し、販売を開始した。

「MINIクーパーSD クロスオーバー ブラックナイト」
「MINIクーパーSD クロスオーバー ブラックナイト」

つや消しボディーのMINIブラックナイト再登場の画像

つや消しボディーのMINIブラックナイト再登場の画像

つや消しボディーのMINIブラックナイト再登場の画像

つや消しボディーのMINIブラックナイト再登場の画像

今回の特別仕様車は、2014年4月に発売した「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー ブラックナイト」「MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイト」に続く、マットブラックのボディーを特徴とした限定モデルの第2弾である。

ベースとなったのは「MINIクーパーSD クロスオーバー」と「MINIジョンクーパーワークス ペースマン」の2モデルで、ボディーカラーには「フローズン・ブラック」を採用。キセノンヘッドライトのリフレクターやヘッドライトフレームなどもブラックでコーディネートしている。

具体的な装備内容は以下の通り。

MINIクーパーSD クロスオーバー ブラックナイト
・18インチアロイホイール 5スターダブルスポーク・コンポジット(色:ブラック、サイズ:7.5Jx18、装着タイヤサイズ:225/45 R18)
・ブラックリフレクター・ヘッドライト
・バイキセノンヘッドライト
・ピアノブラック・エクステリア
・ランフラットタイヤ
・レザーシート グラビティ カーボンブラック
・スポーツシート(フロント/左右)
・シートヒーター(フロント/左右)
・インテリアサーフェス ピアノブラック
・ヘッドライナー・アンスラサイト
・スポーツサスペンション
・スポーツボタン
・スポーツ・レザーステアリング(3本スポーク パドルスイッチ付き)
・マルチファンクションステアリング
・MINIビジュアルブースト
・MINIコネクテッド

MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイト
・John Cooper Worksエアロダイナミックキット(フロントエプロン、リアエプロン、サイドスカート)
・19インチアロイホイール クロススポーク・クラッシャー(色:ブラック、サイズ:7.5Jx19、装着タイヤサイズ:225/40 R19)
・ブラックリフレクター・ヘッドライト
・バイキセノンヘッドライト
・ピアノブラック・エクステリア
・ランフラットタイヤ
・レザーシート ラウンジ チャンピオンシップ・レッド
・スポーツシート(フロント/左右)
・シートヒーター(フロント/左右)
・インテリアサーフェス ピアノブラック
・ヘッドライナー・アンスラサイト
・スポーツサスペンション
・スポーツボタン
・John Cooper Worksレザーステアリング(3本スポーク パドルスイッチ付き)
・マルチファンクションステアリング
・MINIビジュアルブースト
・MINIコネクテッド

価格はMINIクーパーSD クロスオーバー ブラックナイトが451万円、MINIジョンクーパーワークス ペースマン ブラックナイトが543万円。販売台数は前者が140台、後者が10台の限定となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 話題のPHEVも設定、新型「MINIクロスオーバー」登場 2017.2.23 自動車ニュース BMWジャパンが新型「MINIクロスオーバー」を発売。初代より一回り大きくなったボディーが特徴で、パワープラントにはMINI最新のディーゼルエンジンと8ATを採用。またブランド初となるプラグインハイブリッド車も設定されている。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 【ジュネーブショー2017】ボルボ、ミドルサイズSUVの新型「XC60」を発表 2017.3.7 自動車ニュース ボルボが新型「XC60」をジュネーブショーで発表。従来モデルから運転支援システムを強化しており、ステアリングやアクセル、ブレーキを自動制御する「パイロットアシスト」を初採用。パワープラントにはプラグインハイブリッドも用意されている。
ホームへ戻る