最高出力214psの日産ジュークNISMO RS発売

2014.11.11 自動車ニュース
「日産ジュークNISMO RS」
「日産ジュークNISMO RS」

日産、最高出力214psの「ジュークNISMO RS」を発売

日産自動車は2014年11月11日、同年7月にマイナーチェンジした「ジューク」に新グレード「NISMO RS」を追加し、同年11月26日に発売すると発表した。

■既存の「ジュークNISMO」を上回る本格的なチューニング

ジュークNISMO RSは、日産のモータースポーツ活動や高性能スポーツモデルの開発を担うニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)が手掛けた、ジュークの高性能モデルである。

エンジンは同車専用の1.6リッター直4直噴ターボで、ECUセッティングの見直しにより、既存の「ジュークNISMO」(200ps)を上回る214psの最高出力を発生。コンロッドベアリングの耐久性を向上させることで、高回転域でも力強いトルクの持続が可能となったという。これに組み合わされるトランスミッションはシフトパドル付きのCVTで、ステップ変速モードの段数は、既存のモデルが7段だったのに対し、NISMO RSでは8段となっている。

一方、足まわりやドライブトレインについては、サスペンション、車速感応式電動パワーステアリング、4WDシステム「ALL MODE 4X4-i」に備わるトルクベクトル機能などのチューニングを見直したほか、アルミホイールのサイズを17インチから18インチに拡大。サイズアップとともに形状最適化による軽量化も図っており、ばね下重量の軽減を実現している。また、ブレーキについてはフロントのディスク径を拡大したほか、リアにはベンチレーテッドディスクを装備。キャリパーにもより高性能なものを採用したほか、ブレーキパッドの耐フェード性なども向上させている。

ボディーについても、日産追浜工場における車体組み立て段階で車体各部に補強を追加。車体のねじり剛性を向上させることで、精緻でクイックなステアリングレスポンスと、しっかりとした乗り心地を実現しているという。

エクステリアも特別な仕立てとなっており、専用のエアロパーツを装備することで、空気抵抗(Cd値)の増加を抑えながらダウンフォースを向上。インテリアには、シェル構造のレカロ製シートをベースにニスモがチューニングを施した、専用のスポーツシートを備えている。

具体的な特別装備の内容は、以下の通り。

パワートレイン
・MR16DDT(NISMO RS専用チューン、214ps/25.5kgm)
・エクストロニックCVT-M8

ボディー/シャシー
・フロントコンビランプ
・LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
・225/45R18タイヤ&NISMO専用18インチアルミホイール(18×7J)
・NISMO専用フロントグリル
・NISMO専用フロントバンパー
・NISMO専用リヤバンパー
・NISMO専用サイドシルプロテクター
・NISMO専用オーバーフェンダー
・NISMO専用ルーフスポイラー(ハイマウントストップランプ付き)
・NISMO専用エキゾーストフィニッシャー
・NISMO RS専用サスペンション
・NISMO RS専用フロントブレーキローター
・NISMO RS専用リアベンチレーテッドディスクブレーキ
・NISMO RS専用赤塗装ブレーキキャリパー
・サイドターンランプ付き電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付き、NISMO専用レッド)
・キセノンヘッドランプ(ロービーム/オートレベライザー付き、プロジェクタータイプ)
・NISMO RS専用エンブレム(フロントグリル&バックドア)

インテリア
・NISMO専用本革・アルカンターラ巻き3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付き)
・NISMO専用タコメーター(nismoロゴ入り、レッド文字盤)
・NISMO RS専用スピードメーター(RSロゴ入り、240㎞/hスケール)
・プッシュエンジンスターター(NISMO専用レッドリング)
・NISMO専用フィニッシャー(センタークラスター、エアコン吹き出し口、メーターまわり、シフトノブ、シフトベースまわり、パワーウィンドウ、インテリジェントコントロールディスプレイダイヤルスイッチ)
・パドルシフト(メタル調)
・フロントセンターコンソール(メタル調)
・NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート(nismoロゴ入り)
・ルーフトリム(ブラック)
・Sパック(SRSサイドエアバッグシステム<運転席・助手席>、SRSカーテンエアバッグシステム、後席アシストグリップ<左右>)

ボディーカラーは「ブリリアントホワイトパール」「ブリリアントシルバー」「スーパーブラック」の3色、インテリアカラーはブラック(NISMO専用)のみの設定。価格は343万4400円。

(webCG)
 

関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
ホームへ戻る