レクサスRC F(FR/8AT)/RC350“Fスポーツ”(FR/8AT)

いままでと違うレクサス 2014.11.17 試乗記 477psのV8エンジンを搭載する、レクサスの新型ハイパフォーマンスクーペ「RC F」に試乗。V6エンジンのスポーティーモデル「RC350“Fスポーツ”」とあわせて、その“走りっぷり”を報告する。

スーパーカーならではの快感

ドキドキした。豊田章男流に言えば、「ワクワクドキドキ」があった。そのことをもって、私は「レクサスRC F」を絶賛したい。これはサムライである。映画『七人の侍』で、宮口精二が演じた剣の達人、久蔵を思わせるほどに。木村 功演じる前髪をまだ落としていない若者、勝四郎は久蔵にこう語りかける。
「あなたは素晴らしい人です。私は前からそれが言いたかったのです」
私はもうのっけから言っちゃうのです。

RC Fの真価はもちろんハイスピードにある。私はそのとき、大黒ふ頭パーキングでUターンして、首都高速をみなとみらい出口方面へと向かっていた。緩やかな右コーナーで前が空いた。チャンスとばかり、アクセルを踏み込むと、5リッターV8は初めて4000rpmを超えた。そこを境に低音からのびやかなバリトンに声音が変わった。加速、加速、加速! 離陸しそうなほどに! 出口が近づく。減速。直角に曲がるコーナー手前でマニュアルモードに設定した8段オートマチックの、マイナスのパドルを左手で2度手前に引く。ブリッピング! ギアが2段落ちる。静寂。

胸の中で広がっていたイヤな感じが、スーッと消えいく。かわりに爽快な風が吹き込む。イヤな感じ、というのは、フェラーリとかランボルギーニとかのスーパーカーを運転しはじめた直後に、胸中、あるいは腹中に生じる黒雲のような、モヤモヤのことである。
あれは私だけなのだろうか。たぶん、私は不安なのだ。私のウデで御せるのか、ホイールやフェンダーを擦ったりはせぬか……。つまるところ、日常から外れることを強要する、スーパーカーの圧倒的な性能に押しつぶされそうになるわけである。小心者ゆえ。その意味で、レクサスRC Fは間違いなくスーパーカーであった。そうした圧力に耐え、床まで踏み込んだときの解放感で、私の心臓はしばしワクドキした。超高性能車に乗る快感がそこにはあった。

「アスリートが着るボディースーツをモチーフ」にしたという「RC F」の前席。ヘッドレスト一体型の形状のほか、骨格や筋肉の流れに沿わせたという縫製パターンが特徴的。
「アスリートが着るボディースーツをモチーフ」にしたという「RC F」の前席。ヘッドレスト一体型の形状のほか、骨格や筋肉の流れに沿わせたという縫製パターンが特徴的。
 
レクサスRC F(FR/8AT)/RC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】の画像
2つのアナログ計を内包する「RC F」の計器盤。中央部はアニメーション表示になっており、走行モードに連動してグラフィックが変化する。(画像をクリックすると表示バリエーションが見られます)
2つのアナログ計を内包する「RC F」の計器盤。中央部はアニメーション表示になっており、走行モードに連動してグラフィックが変化する。(画像をクリックすると表示バリエーションが見られます)
片側2本ずつ、計4本の楕円(だえん)形マフラーエンドを持つ「RC F」。「IS F」から継承されるディテールだ。
片側2本ずつ、計4本の楕円(だえん)形マフラーエンドを持つ「RC F」。「IS F」から継承されるディテールだ。

「RC F」用の19インチ鍛造アルミホイールは、全部で4種類が用意される。ホイールハウス後方に設けられるエアアウトレットは、操縦安定性にも寄与するという。


	「RC F」用の19インチ鍛造アルミホイールは、全部で4種類が用意される。ホイールハウス後方に設けられるエアアウトレットは、操縦安定性にも寄与するという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RC Fの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る