クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

レクサスRC F(FR/8AT)/RC350“Fスポーツ”(FR/8AT)

いままでと違うレクサス 2014.11.17 試乗記 477psのV8エンジンを搭載する、レクサスの新型ハイパフォーマンスクーペ「RC F」に試乗。V6エンジンのスポーティーモデル「RC350“Fスポーツ”」とあわせて、その“走りっぷり”を報告する。

スーパーカーならではの快感

ドキドキした。豊田章男流に言えば、「ワクワクドキドキ」があった。そのことをもって、私は「レクサスRC F」を絶賛したい。これはサムライである。映画『七人の侍』で、宮口精二が演じた剣の達人、久蔵を思わせるほどに。木村 功演じる前髪をまだ落としていない若者、勝四郎は久蔵にこう語りかける。
「あなたは素晴らしい人です。私は前からそれが言いたかったのです」
私はもうのっけから言っちゃうのです。

RC Fの真価はもちろんハイスピードにある。私はそのとき、大黒ふ頭パーキングでUターンして、首都高速をみなとみらい出口方面へと向かっていた。緩やかな右コーナーで前が空いた。チャンスとばかり、アクセルを踏み込むと、5リッターV8は初めて4000rpmを超えた。そこを境に低音からのびやかなバリトンに声音が変わった。加速、加速、加速! 離陸しそうなほどに! 出口が近づく。減速。直角に曲がるコーナー手前でマニュアルモードに設定した8段オートマチックの、マイナスのパドルを左手で2度手前に引く。ブリッピング! ギアが2段落ちる。静寂。

胸の中で広がっていたイヤな感じが、スーッと消えいく。かわりに爽快な風が吹き込む。イヤな感じ、というのは、フェラーリとかランボルギーニとかのスーパーカーを運転しはじめた直後に、胸中、あるいは腹中に生じる黒雲のような、モヤモヤのことである。
あれは私だけなのだろうか。たぶん、私は不安なのだ。私のウデで御せるのか、ホイールやフェンダーを擦ったりはせぬか……。つまるところ、日常から外れることを強要する、スーパーカーの圧倒的な性能に押しつぶされそうになるわけである。小心者ゆえ。その意味で、レクサスRC Fは間違いなくスーパーカーであった。そうした圧力に耐え、床まで踏み込んだときの解放感で、私の心臓はしばしワクドキした。超高性能車に乗る快感がそこにはあった。

「アスリートが着るボディースーツをモチーフ」にしたという「RC F」の前席。ヘッドレスト一体型の形状のほか、骨格や筋肉の流れに沿わせたという縫製パターンが特徴的。
「アスリートが着るボディースーツをモチーフ」にしたという「RC F」の前席。ヘッドレスト一体型の形状のほか、骨格や筋肉の流れに沿わせたという縫製パターンが特徴的。 拡大
 
レクサスRC F(FR/8AT)/RC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大
2つのアナログ計を内包する「RC F」の計器盤。中央部はアニメーション表示になっており、走行モードに連動してグラフィックが変化する。(画像をクリックすると表示バリエーションが見られます)
2つのアナログ計を内包する「RC F」の計器盤。中央部はアニメーション表示になっており、走行モードに連動してグラフィックが変化する。(画像をクリックすると表示バリエーションが見られます) 拡大
片側2本ずつ、計4本の楕円(だえん)形マフラーエンドを持つ「RC F」。「IS F」から継承されるディテールだ。
片側2本ずつ、計4本の楕円(だえん)形マフラーエンドを持つ「RC F」。「IS F」から継承されるディテールだ。 拡大

「RC F」用の19インチ鍛造アルミホイールは、全部で4種類が用意される。ホイールハウス後方に設けられるエアアウトレットは、操縦安定性にも寄与するという。


	「RC F」用の19インチ鍛造アルミホイールは、全部で4種類が用意される。ホイールハウス後方に設けられるエアアウトレットは、操縦安定性にも寄与するという。
	拡大

なぜか“ガイシャ”と思わせる

自然吸気のV8は、7100rpmという高回転で最高出力477psを発生する。開発陣はレスポンスにこだわった。ライバルはダウンサイジングの過給に走り始めている。RC Fは時代にあらがった。ボア×ストローク=94.0×89.5mm、12.3という高圧縮比により、過給機に頼ることなしにリッター100ps近い高性能を達成した。先代にあたる「IS F」のV8の許容回転数を500rpm引き上げ、プラス54psを得るため、部品の多くを一新し、空冷オイルクーラーを追加した。継承したのはエンジンブロックのみ。燃費対策として、アトキンソンサイクルを採用し、巡航時には排気量4.2リッター相当の燃費を実現するという。しかも、このV8、「LFA」の4.8リッターV10を思わせる男性的なサウンドを奏でるのだ。

RC Fはまずもって、吾(われ)は日本車にあらず、と訴えかけてくる。V8を目覚めさせた時は、そうでもなかった。スターターを押しても、爆裂音を発したりはしない。大排気量のV8 ならではの鼓動はちゃんとある。
走りだして、右折すると、突如ワイパーが音もなく動き出した。なぜって、ウインカーを出すつもりで、私の左手がごく自然に左側のワイパーのレバーを動かしていたからだ。ま、それまで右ハンドルの「BMW X4」に乗っていた、ということはある。であるにせよ、もしレクサスRC Fがいわゆる日本車っぽいクルマであったなら、粗忽(そこつ)者の私でも右側のウインカーレバーを動かしていたに違いない。私の体はごく素直に判断したのだ。これは日本車ではない。ガイシャである、と。

477psを発生する自然吸気の5リッターV8エンジン。スポーティーなエンジン音を演出する「アクティブサウンドコントローラー」も備わる。
477psを発生する自然吸気の5リッターV8エンジン。スポーティーなエンジン音を演出する「アクティブサウンドコントローラー」も備わる。 拡大
「RC/RC F」のホイールベースは2730mm。ボディーサイズの近いセダン「IS」よりも70mm短くなっている。
「RC/RC F」のホイールベースは2730mm。ボディーサイズの近いセダン「IS」よりも70mm短くなっている。 拡大
「RC F」の後席。「RC350」「RC300h」ともども、定員は2人となっている。
「RC F」の後席。「RC350」「RC300h」ともども、定員は2人となっている。 拡大
トランクスルー機構が備わる、「RC F」のラゲッジルーム。「クーペとしては必要十分な広さ」とアピールされる。
トランクスルー機構が備わる、「RC F」のラゲッジルーム。「クーペとしては必要十分な広さ」とアピールされる。 拡大

そこらの道でもココロがおどる

富士スピードウェイやニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛え上げられたシャシーは、硬く引き締まっている。可変ダンピングの類いは潔く付いていない。にもかかわらず、いやそれだからこそ、よくできたスーパースポーツの見本のように、RC Fの乗り心地はファームだけれど、素晴らしく快適なのだ。足まわりの硬さにボディーが負けていない。剛性感にあふれている。通常の「RC」のボディーの随所に加えられた補強材のたまものであろう。

RC Fが、例えば3.5リッターV6の「RC350“Fスポーツ”」より90kg重いのは、シリンダーの数が2本増えたゆえのみではない。補強材に加えて、リアのブレーキが4ポッド化されるなど、高性能化に対応しているためなのだ。
例えば、楕円(だえん)形上の断面を持つ太いステアリングホイールは、サーキットを走り込んだテストドライバーの総意で決めたものだという。なるほど、ステアリング系はちょっと重めのフィールともあいまって、いかにも頼もしい。

RC Fのチーフエンジニアは、「RC Fは走りを楽しみたい人なら誰でも笑顔になれる」と説明会で語った。さらに「Fモデルは公道からサーキットまで、安全・安心に楽しめる、意のままのステアリング、安心して止まるブレーキを備えている」という趣旨のことも述べた。なるほど、公道のみのごく限られた試乗ながら、ハンドリングは極めて素直で、スーパーカー級の超高性能車でありながら、非常に運転しやすい。なにしろギアボックスはデュアルクラッチではなくて、フツウの8段オートマチックである。アウトバーンの速度域に達せずとも、ワクドキが感じられる。そこにRC Fの価値がある。

 
レクサスRC F(FR/8AT)/RC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大
インテリアは、基本的に「RC F」(写真)と「RC」で共通。太めのステアリングホイールや各所のブルーステッチなどは、前者だけに見られるディテールだ。
インテリアは、基本的に「RC F」(写真)と「RC」で共通。太めのステアリングホイールや各所のブルーステッチなどは、前者だけに見られるディテールだ。 拡大
「RC F」のセンターコンソール部。8ATのシフトノブの手前には、タッチパッド式の機器操作デバイス「リモートタッチ」が置かれる。
「RC F」のセンターコンソール部。8ATのシフトノブの手前には、タッチパッド式の機器操作デバイス「リモートタッチ」が置かれる。 拡大
こちらは、エンジンフードやルーフ、アクティブリアウイングにCFRPが用いられるグレード「RC F“Carbon Exterior package”」。ノーマル車に比べ、車重は10kg軽くなっている。
こちらは、エンジンフードやルーフ、アクティブリアウイングにCFRPが用いられるグレード「RC F“Carbon Exterior package”」。ノーマル車に比べ、車重は10kg軽くなっている。 拡大

V6モデルは「大人のクーペ」

車両価格は953万円。ライバルの「M4クーペ」は1126万円、「C63 AMGクーペ」は1254万8000円である。お買い得感があることは間違いない。
RC Fは「レクサスのイメージを変える」使命を与えられたRCのなかでも、とりわけ「戦略モデル」である。初代「LS400」が登場してから25年を経て、レクサスは「イメージを変える」必要に迫られている。そのためにRC FのGT3で、2015年から国内ではSUPER GT(GT300)、海外ではニュルブルクリンク24時間等に参戦する。仮に勝ちまくったとして、レクサスがどういうイメージを獲得することになるのか、大いに興味がある。という一方で、辺境の民の一員として、応援せずにはいられない。

RC Fの後に乗ったRC350“Fスポーツ”についてもひとこと触れておこう。3.5リッターV6は最高出力318psと十分なパワーを秘めている。“Fスポーツ”なので、タイヤは19インチとデカくて太い。さぞや乗り心地が硬いだろう……と予想したら、全然違っていた。
しなやかなのだ。レクサスで一番よい、と思うぐらいに。クルマ全体の印象で言えば、筋肉質のRC Fと比べると、きゃしゃだけれど、軽やかで、月並みながら「大人のクーペ」という言葉が浮かんだ。価格は678万円と、「BMW 428iクーペ」が買えるほどに高価である。ハイブリッドの「300h」は、時間切れで乗れなかった。

RC350もいいクルマだと思ったけれど、今回はともかくRC Fに圧倒的にワクドキした。豊田章男はトヨタ=レクサスのクルマづくりを着実に変えつつある。

(文=今尾直樹/写真=郡大二郎)

試乗会場に並んだ、レーシーな3台。写真左から、レース用の「RC F GT3」とカーボンパーツを装着した市販車「RC F“Carbon Exterior package”」、そして「RC F」開発のベンチマークとされた「IS F CCS-R」。
試乗会場に並んだ、レーシーな3台。写真左から、レース用の「RC F GT3」とカーボンパーツを装着した市販車「RC F“Carbon Exterior package”」、そして「RC F」開発のベンチマークとされた「IS F CCS-R」。 拡大
「RC350」のスポーティーグレード“Fスポーツ”。内外装の一部と足まわりが専用仕立てとなっている。
「RC350」のスポーティーグレード“Fスポーツ”。内外装の一部と足まわりが専用仕立てとなっている。 拡大
「RC350」のインテリア。クーペにふさわしいエレガンスと、スポーティーな走りを楽しむための包まれ感を両立させたという。
「RC350」のインテリア。クーペにふさわしいエレガンスと、スポーティーな走りを楽しむための包まれ感を両立させたという。 拡大
「RC」の一部グレードに搭載される、3眼式のL字型LEDヘッドランプ。「RC F」には標準で与えられる。
「RC」の一部グレードに搭載される、3眼式のL字型LEDヘッドランプ。「RC F」には標準で与えられる。 拡大
新開発のボディーカラーも「RC/RC F」のこだわり。写真の色は、5層コートで“濁りのない次世代のブルー”を実現したとされる「ヒートブルーコントラストレイヤリング」。
新開発のボディーカラーも「RC/RC F」のこだわり。写真の色は、5層コートで“濁りのない次世代のブルー”を実現したとされる「ヒートブルーコントラストレイヤリング」。 拡大
レクサスRC F
レクサスRC F 拡大
「RC F」の走行モード選択ダイヤル。手前のボタンに見られる「TVD」は、コーナリング中、左右輪に最適なトルク配分を行う駆動力制御システム(オプション)。なお、テスト車には装着されていなかった。
「RC F」の走行モード選択ダイヤル。手前のボタンに見られる「TVD」は、コーナリング中、左右輪に最適なトルク配分を行う駆動力制御システム(オプション)。なお、テスト車には装着されていなかった。 拡大

黒いカーボン地のボンネットやルーフが目を引く“Carbon Exterior package”(写真左)。


	黒いカーボン地のボンネットやルーフが目を引く“Carbon Exterior package”(写真左)。
	拡大
 
レクサスRC F(FR/8AT)/RC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

レクサスRC F

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4705×1850×1390mm
ホイールベース:2730mm
車重:1790kg
駆動方式:FR
エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ
トランスミッション:8段AT
最高出力:477ps(351kW)/7100rpm
最大トルク:54.0kgm(530Nm)/4800-5600rpm
タイヤ:(前)255/35ZR19 92Y/(後)275/35ZR19 96Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)
燃費:8.2km/リッター(JC08モード)
価格:953万円/テスト車=1043万7680円
オプション装備:ボディーカラー<ラディアントレッドレイヤリング>(16万2000円)/セミアニリン本革ハイバックスポーツシート+運転席/助手席ベンチレーション機能(15万6000円)/フロント255/35ZR19+リア275/35ZR19タイヤ&鍛造アルミホイール<BBS製・ポリッシュ仕上げ・スパイラル10本スポーク>(14万400円)/プリクラッシュセーフティーシステム<ミリ波レーダー方式>+レーダークルーズコントロール<ブレーキ制御付き>(6万4800円)/クリアランスソナー&バックソナー(4万3200円)/ブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックアラート(6万4800円)/レーンディパーチャーアラート<ステアリング制御付き>+オートマチックハイビーム(3万7800円)/マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム<RC F専用チューニング>(23万8680円)

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:2739km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

レクサスRC350“Fスポーツ”
レクサスRC350“Fスポーツ” 拡大
「RC350」の3.5リッターV6ガソリンエンジン。「RC」シリーズにはこのほか、2.5リッターガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデル「RC300h」がラインナップされる。
「RC350」の3.5リッターV6ガソリンエンジン。「RC」シリーズにはこのほか、2.5リッターガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデル「RC300h」がラインナップされる。 拡大
L字型の立体的デザインが特徴的なリアコンビランプ。サイドには空力性能を向上させるフィンも設けられる。
L字型の立体的デザインが特徴的なリアコンビランプ。サイドには空力性能を向上させるフィンも設けられる。 拡大
 
レクサスRC F(FR/8AT)/RC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

レクサスRC350“Fスポーツ”

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4695×1840×1395mm
ホイールベース:2730mm
車重:1700kg
駆動方式:FR
エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ
トランスミッション:8段AT
最高出力:318ps(234kW)/6400rpm
最大トルク:38.7kgm(380Nm)/4800rpm
タイヤ:(前)235/40R19 92Y/(後)265/35R19 94Y(ブリヂストン・ポテンザRE050A)
燃費:9.8km/リッター(JC08モード)
価格:678万円/テスト車=759万8640円
オプション装備:ボディーカラー<ヒートブルーコントラストレイヤリング>(16万2000円)/オーナメントパネル縞杢<アガチス/ダークブラウン>(9万3960円)/プリクラッシュセーフティーシステム<ミリ波レーダー方式>+レーダークルーズコントロール<ブレーキ制御付き>(6万4800円)/クリアランスソナー&バックソナー(4万3200円)/ブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックアラート(6万4800円)/レーンディパーチャーアラート<ステアリング制御付き>+オートマチックハイビーム(3万7800円)/マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム(23万8680円)/三眼フルLEDヘッドランプ&LEDフロントターンシグナルランプ(11万3400円)

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:1358km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

あなたにおすすめの記事