スカイライン200GT-tにステアバイワイヤ設定

2014.11.13 自動車ニュース
「日産スカイライン200GT-t Type SP」
「日産スカイライン200GT-t Type SP」
    拡大

日産、「スカイライン200GT-t」にステアバイワイヤを設定

日産自動車は2014年11月13日、「スカイライン200GT-t」にメーカーオプションとして「ダイレクトアダプティブステアリング&アクティブレーンコントロール」を設定し、販売を開始した。

「ダイレクトアダプティブステアリング」
「ダイレクトアダプティブステアリング」 拡大
「アクティブレーンコントロール」
「アクティブレーンコントロール」 拡大

ダイレクトアダプティブステアリングは、ドライバーのハンドル操作を電気信号に置き換えてタイヤを操舵(そうだ)するステアリングシステムのこと。アクティブレーンコントロールとは、70km/h以上での高速走行時に車線をカメラで検知し、タイヤの角度と操舵反力を自動調整するシステムである。これらはセットオプションとして用意され、個別に選択することはできない。いずれもこれまでは「スカイライン350GTハイブリッド」に装備されるのみで、200GT-tには用意されていなかった。

また、ダイレクトアダプティブステアリング&アクティブレーンコントロールを装着すると、ドライブモードセレクターの「パーソナルモード」で選択できるカスタマイズバリエーションが拡大。ステアリング制御の選択肢が4つに増えるとともに、選択項目としてアクティブレーンコントロールの制御が追加されることで、全72通りの中から任意の走行モードを選択することが可能となる。

なお、新オプションが設定されるのは「200GT-t Type P」と「200GT-t Type SP」の2グレードのみ。オプション価格は32万4000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • 第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ 2018.5.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第90回は「日本は日本のメーカーにとっての足かせ」。元日産の中村史郎氏インタビュー第5弾。セダン離れが進む国内市場、ニッポンのユーザーには一体どんな特徴があるのか!? グローバル視点で分析する。  
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
ホームへ戻る