スカイライン200GT-tにステアバイワイヤ設定

2014.11.13 自動車ニュース
「日産スカイライン200GT-t Type SP」
「日産スカイライン200GT-t Type SP」

日産、「スカイライン200GT-t」にステアバイワイヤを設定

日産自動車は2014年11月13日、「スカイライン200GT-t」にメーカーオプションとして「ダイレクトアダプティブステアリング&アクティブレーンコントロール」を設定し、販売を開始した。

「ダイレクトアダプティブステアリング」
「ダイレクトアダプティブステアリング」
「アクティブレーンコントロール」
「アクティブレーンコントロール」

ダイレクトアダプティブステアリングは、ドライバーのハンドル操作を電気信号に置き換えてタイヤを操舵(そうだ)するステアリングシステムのこと。アクティブレーンコントロールとは、70km/h以上での高速走行時に車線をカメラで検知し、タイヤの角度と操舵反力を自動調整するシステムである。これらはセットオプションとして用意され、個別に選択することはできない。いずれもこれまでは「スカイライン350GTハイブリッド」に装備されるのみで、200GT-tには用意されていなかった。

また、ダイレクトアダプティブステアリング&アクティブレーンコントロールを装着すると、ドライブモードセレクターの「パーソナルモード」で選択できるカスタマイズバリエーションが拡大。ステアリング制御の選択肢が4つに増えるとともに、選択項目としてアクティブレーンコントロールの制御が追加されることで、全72通りの中から任意の走行モードを選択することが可能となる。

なお、新オプションが設定されるのは「200GT-t Type P」と「200GT-t Type SP」の2グレードのみ。オプション価格は32万4000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • 「日産スカイライン」が新デザインになって登場 2017.12.20 自動車ニュース 日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ。新デザインのグリルやバンパーを採用するなどしてフロントまわりの意匠を変えたほか、インテリアではステアリングホイールやシフトセレクター、メーターなどの意匠を変更している。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
ホームへ戻る