スカイライン200GT-tにステアバイワイヤ設定

2014.11.13 自動車ニュース
「日産スカイライン200GT-t Type SP」
「日産スカイライン200GT-t Type SP」

日産、「スカイライン200GT-t」にステアバイワイヤを設定

日産自動車は2014年11月13日、「スカイライン200GT-t」にメーカーオプションとして「ダイレクトアダプティブステアリング&アクティブレーンコントロール」を設定し、販売を開始した。

「ダイレクトアダプティブステアリング」
「ダイレクトアダプティブステアリング」
「アクティブレーンコントロール」
「アクティブレーンコントロール」

ダイレクトアダプティブステアリングは、ドライバーのハンドル操作を電気信号に置き換えてタイヤを操舵(そうだ)するステアリングシステムのこと。アクティブレーンコントロールとは、70km/h以上での高速走行時に車線をカメラで検知し、タイヤの角度と操舵反力を自動調整するシステムである。これらはセットオプションとして用意され、個別に選択することはできない。いずれもこれまでは「スカイライン350GTハイブリッド」に装備されるのみで、200GT-tには用意されていなかった。

また、ダイレクトアダプティブステアリング&アクティブレーンコントロールを装着すると、ドライブモードセレクターの「パーソナルモード」で選択できるカスタマイズバリエーションが拡大。ステアリング制御の選択肢が4つに増えるとともに、選択項目としてアクティブレーンコントロールの制御が追加されることで、全72通りの中から任意の走行モードを選択することが可能となる。

なお、新オプションが設定されるのは「200GT-t Type P」と「200GT-t Type SP」の2グレードのみ。オプション価格は32万4000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第56回:激安店の粗悪車(?)に賭けろ! 2017.8.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第56回は「激安車の粗悪車(?)に賭けろ!」。諸経費の高さに驚きつつも、「BMW 320d」の購入に踏み切った筆者。いったいナゼ!? 安心をとるか、リスクをとるか。中古車選びには常に賭けがつきまとう。
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
ホームへ戻る