フォルクスワーゲンe-up!(FF)

主張しすぎないEV 2014.11.20 試乗記 日本での受注が2015年2月に始まるフォルクスワーゲンの「e-up!」。電気自動車(EV)でありながら、あえて特別なモデルにはしなかったというメーカーの意図と、クルマの出来栄えをリポートする。

日本メーカーのEVよりも日本的?

EVを特別なものにしない。これがフォルクスワーゲンの電動車両に対する考え方だ。そのため車体は専用設計とせず、「up!」と「ゴルフ」をベースに車両を開発している。どちらも設計段階からEVへの展開を織り込んであるとのこと。既存のエンジン車と同じように扱えることも長所に挙げられる。
と、プレスリリースを読む限りは良いことずくめだが、初めて運転したEVが1995年生まれの「プジョー106エレクトリック」だったり、人より少しばかりEV体験の多い僕は、ちょっと違う見方をしている。

EVと内燃機関自動車ではメカニズムのボリュームが違う。モーターはエンジンよりはるかに小さく、逆にバッテリーは燃料タンクより大きい。理想のパッケージングを追求すれば、専用ボディーに行き着くのは当然だ。「テスラ・モデルS」や「BMW i3」はそういう考えで生まれた。
つまり双方ともにメリットがある。ガソリンとディーゼル、前輪駆動と後輪駆動など、この種の話はクルマ業界にはいくらでもあるわけで、二者択一ではなく、ユーザーが嗜好(しこう)や目的に応じて選べば良いと思っている。

ただし、国としてEVを特別視していないのは、むしろ日本である。ドイツ政府は2020年までに100万台のEVやPHV(プラグインハイブリッド車)を普及させる目標を掲げているが、日本はなんと15~20%を目標としている。現在の保有台数を基に計算すると、少ないほうで見積もっても1000万台を軽く超える。

だからフォルクスワーゲンのEV戦略はドイツよりもむしろ、電動車両先進国である日本に合っているのかもしれない。そんなことを思いながら試乗会に向かった。

2013年9月のフランクフルトショーで発表された「e-up!」。日本では2014年10月にお披露目された。
2013年9月のフランクフルトショーで発表された「e-up!」。日本では2014年10月にお披露目された。
インテリアは基本的にベース車の「up!」と共通。各部にあしらわれたブルーのアクセントが、ガソリン車とは異なる特徴となっている。
インテリアは基本的にベース車の「up!」と共通。各部にあしらわれたブルーのアクセントが、ガソリン車とは異なる特徴となっている。
右リアドアの後方には、給油口に替えて急速充電ポートを装備。日本のCHAdeMO規格に対応している。
右リアドアの後方には、給油口に替えて急速充電ポートを装備。日本のCHAdeMO規格に対応している。
 
フォルクスワーゲンe-up!(FF)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

e-up!の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る