ブリヂストンがタイヤ摩耗を推定する新技術開発

2014.11.14 自動車ニュース
「CAIS III」に採用される加速度センサー。
「CAIS III」に採用される加速度センサー。

ブリヂストンがタイヤの摩耗を推定する新技術を開発

ブリヂストンは2014年11月14日、タイヤの摩耗状態をセンサーで推定する技術「CAIS III(カイズ・スリー)」を発表した。

「CAIS」の研究開発に携わる、ブリヂストンの若尾泰通氏(左)と、真砂 剛氏(右)。
「CAIS」の研究開発に携わる、ブリヂストンの若尾泰通氏(左)と、真砂 剛氏(右)。
タイヤが回転し、センサーの設置された箇所が地面に接地すると、まずはトレッド面がたわむことでセンサーにかかる加速度が上昇。ついで遠心力が働かなくなることで、急激に加速度が低下する。この動きの大きさで、タイヤの摩耗度を測定する。
タイヤが回転し、センサーの設置された箇所が地面に接地すると、まずはトレッド面がたわむことでセンサーにかかる加速度が上昇。ついで遠心力が働かなくなることで、急激に加速度が低下する。この動きの大きさで、タイヤの摩耗度を測定する。
手前にあるのが加速度センサー。奥にあるのはセンサーを動かすための発電機。
手前にあるのが加速度センサー。奥にあるのはセンサーを動かすための発電機。

「CAIS」とは、タイヤの内側に装着したセンサーによって接地面の情報(ゆがみや加速度、圧力、温度など)を収集し、路面状況やタイヤの状態などを検知する技術である。これまでに、ゆがみセンサーによって接地面の面積や形状を測定し、各輪にかかる荷重や横力を解析する「CAIS I(荷重・横力判定技術)」、周方向の加速度を検知するセンサーで接地面の振動を解析し、「乾燥」「積雪」「凍結」などの中から路面の状態を判定する「CAIS II(路面状態判定技術)」の、2つの技術が発表されていた。

今回の「CAIS III(摩耗状態推定技術)」は、トラックなどの商用車向けに開発された、タイヤの摩耗度を継続的に測定する技術である。タイヤが地面に接地することで生じる形状の変化(接地している箇所がフラットになり、その両端部がたわむ)が、トレッドに厚さのある新品より薄くなった摩耗品の方が大きいことに注目したもので、タイヤ内部に装着した加速度センサーで走行時に生じる加速度の変化を検知。摩耗度を推定するというものだ。

すでに高速道路における実地試験によって、摩耗レベルが初期~中期の段階では誤差が±1mmという精度を実現。今後はタイヤの種類や取り付け軸などといった使用条件に対するアルゴリズムの検証や、実用化に向けたセンサーシステムの小型軽量化などを進めていくとのこと。

ブリヂストンはこの技術を実用化することで、タイヤの摩耗による事故を防ぐだけでなく、適切なローテーション時期を把握することにより、ユーザーの経費節減にも貢献できるとしている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。