トヨタが「プリウスα」をマイナーチェンジ

2014.11.17 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスα S”ツーリングセレクション”」
「トヨタ・プリウスα S”ツーリングセレクション”」

「トヨタ・プリウスα」がフェイスリフト 装備も充実

トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウスα(アルファ)」をマイナーチェンジし、2014年11月17日に発売した。


トヨタが「プリウスα」をマイナーチェンジの画像
グレージュのインテリア。写真は上級グレード「G」のもの。
グレージュのインテリア。写真は上級グレード「G」のもの。
Bi-Beam LEDヘッドランプ。先進感のあるデザインもセリングポイント。
Bi-Beam LEDヘッドランプ。先進感のあるデザインもセリングポイント。

トヨタが「プリウスα」をマイナーチェンジの画像

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインが変更されるとともに、安全性を高める運転支援システムや先進装備が追加された。

エクステリアの具体的な変更点は、開口部を強調したダークグレーメタリックのアンダーグリル、LEDクリアランスランプ、赤色インナーレンズ採用のリアコンビネーションランプなど。ボディーカラーは、新色4色(アティチュードブラックマイカ、ダークシェリーマイカメタリック、オレンジメタリック、スーパーレッドV)を含む、全9色がラインナップされる。

一方のインテリアは、幾何学柄を用いたピアノブラック塗装のセンタークラスター、一部グレードに採用される合成皮革とファブリックを用いたシート表皮、合成皮革のアームレストなどがポイント。4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイも標準で与えられ、視認性と質感の向上が図られている。
インテリアカラーは、ブラックとグレージュの2色が用意される。

先進装備については、車線の逸脱を検知・警告するレーンディパーチャーアラート、夜間走行時にハイビームとロービームを自動で切り替えられるオートマチックハイビームを搭載。さらに、レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)と、最大60km/h減速するプリクラッシュブレーキアシストや最大30km/h減速するプリクラッシュブレーキを含むプリクラッシュセーフティーシステムがセットになった、安全装備がオプション設定された。1灯の光源でロービームとハイビームをカバーするBi-Beam LEDヘッドランプも採用されている。

価格は、「S“Lセレクション”(5人乗り)」の247万9091円から「G“ツーリングセレクション”(7人乗り)」の338万4327円まで。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー 2017.7.10 自動車ニュース 本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。
ホームへ戻る