トヨタが「プリウスα」をマイナーチェンジ

2014.11.17 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスα S”ツーリングセレクション”」
「トヨタ・プリウスα S”ツーリングセレクション”」

「トヨタ・プリウスα」がフェイスリフト 装備も充実

トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウスα(アルファ)」をマイナーチェンジし、2014年11月17日に発売した。


トヨタが「プリウスα」をマイナーチェンジの画像
グレージュのインテリア。写真は上級グレード「G」のもの。
グレージュのインテリア。写真は上級グレード「G」のもの。
Bi-Beam LEDヘッドランプ。先進感のあるデザインもセリングポイント。
Bi-Beam LEDヘッドランプ。先進感のあるデザインもセリングポイント。

トヨタが「プリウスα」をマイナーチェンジの画像

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインが変更されるとともに、安全性を高める運転支援システムや先進装備が追加された。

エクステリアの具体的な変更点は、開口部を強調したダークグレーメタリックのアンダーグリル、LEDクリアランスランプ、赤色インナーレンズ採用のリアコンビネーションランプなど。ボディーカラーは、新色4色(アティチュードブラックマイカ、ダークシェリーマイカメタリック、オレンジメタリック、スーパーレッドV)を含む、全9色がラインナップされる。

一方のインテリアは、幾何学柄を用いたピアノブラック塗装のセンタークラスター、一部グレードに採用される合成皮革とファブリックを用いたシート表皮、合成皮革のアームレストなどがポイント。4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイも標準で与えられ、視認性と質感の向上が図られている。
インテリアカラーは、ブラックとグレージュの2色が用意される。

先進装備については、車線の逸脱を検知・警告するレーンディパーチャーアラート、夜間走行時にハイビームとロービームを自動で切り替えられるオートマチックハイビームを搭載。さらに、レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)と、最大60km/h減速するプリクラッシュブレーキアシストや最大30km/h減速するプリクラッシュブレーキを含むプリクラッシュセーフティーシステムがセットになった、安全装備がオプション設定された。1灯の光源でロービームとハイビームをカバーするBi-Beam LEDヘッドランプも採用されている。

価格は、「S“Lセレクション”(5人乗り)」の247万9091円から「G“ツーリングセレクション”(7人乗り)」の338万4327円まで。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスαの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る