VWティグアンに2リッター・4WDの新グレード

2014.11.17 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTION」

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に2リッター・4WDの新グレード登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年11月17日、コンパクトSUV「ティグアン」に新グレード「2.0 TSI Leistung 4MOTION(ライストゥン フォーモーション)」を設定し、販売を開始した。

 

ティグアン2.0 TSI Leistung 4MOTIONは、最高出力179ps、最大トルク28.6kgmを発生する2リッター直噴ターボエンジンと、「4MOTION」と呼ばれる4WDシステムを採用したモデルである。これまでにも同じパワーユニットと駆動システムを備えたモデルとして「2.0 TSI R-Line 4MOTION」が存在したが、こちらは専用デザインの前後バンパーやサイドスカートを装備した、スポーティーな外観を特徴としたものだった。標準ボディーに4WDの駆動方式を組み合わせたモデルは、2012年11月以来の復活となる。

ボディーカラーは「ピュアホワイト」「ディープブラックパールエフェクト」「リフレックスシルバーメタリック」「ナイトブルーメタリック」「ワイルドチェリーメタリック」「チタンベージュメタリック」の全6色。価格は409万9000円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る