レクサスRC F 開発者インタビュー

すべてが「F」になる 2014.11.19 試乗記 Lexus International
製品企画 主査
スポーツ車両統括部 LEXUS Fグループ グループ長
矢口幸彦(やぐち ゆきひこ)さん

レクサスの新たなハイパフォーマンスクーペ「RC F」は、どんな背景から生まれたのか? 開発にかける思いを、チーフエンジニアに聞いた。

「M」も「AMG」もベンチマークじゃない

――なんだか、今までのレクサスとちょっと変わったように思えます。自信がみなぎっているというか……。

そうなんですよ。「IS F」を出した時はわれわれもまだ慣れていないところもありましたが、6年間改良し続けることによって、こういうクルマをどう作っていくのかということがわかってきました。3代続けば江戸っ子だっていわれますからね、それと同じです(笑)。

2007年に発売されたIS Fは、レクサス初の「F」モデルだった。富士スピードウェイに由来する「F」の名は、走りを追求したスポーツモデルに与えられる。IS Fを開発するとともに、「F」というブランドを提案したのが矢口さんである。RC Fは、「LFA」の生産が終了した今、「F」ブランドのフラッグシップの座を担うという。

――RC Fを作るにあたり、ベンチマークはあったんでしょうか?

メディアの方はよく「M」や「AMG」を持ってきて比較したりしますが、われわれはまったく別物だと思っているんです。BMWとレクサスが違うように、MとFも違う。「M4」や「C63」に乗ってみることもありますが、それをまねるんじゃなくて、ああ、彼らはこういうクルマを作りたいんだ、ということだけを確認します。

――つまり、ベンチマークはないと?

あえて言うなら、IS Fの「CCS-R」でしょうね。これは「Circuit Club Sport Racer」の意味で、サーキットでは思いっきり楽しんでもらい、公道では安全に走れるというコンセプトです。エンジンとトランスミッションは普通のIS Fのままで、ATですから発進もラクラクです。ただ、ボディー剛性を上げて車重は300kg軽くしているので、レースでは速い。去年のニュルブルクリンク耐久ではクラスチャンピオンになっています。われわれの方向性を一番よく示しているんですよ。

2014年10月末に発売された、レクサスの新型ハイパフォーマンスクーペ「RC F」。レクサスブランドきっての高性能モデルとして、そのスポーツイメージを際立たせる役割を担う。
2014年10月末に発売された、レクサスの新型ハイパフォーマンスクーペ「RC F」。レクサスブランドきっての高性能モデルとして、そのスポーツイメージを際立たせる役割を担う。
「無駄をそぎ、機能美を追求した」とうたわれるエクステリア。その造形は「デザイナーが理想としたイメージスケッチそのもの」とのこと。
「無駄をそぎ、機能美を追求した」とうたわれるエクステリア。その造形は「デザイナーが理想としたイメージスケッチそのもの」とのこと。
矢口主査が「RC F」開発のベンチマークに挙げる「IS F CCS-R」。高性能モデル「IS F」をベースに、さらに動力性能を磨き上げたサーキット専用モデルだ。
矢口主査が「RC F」開発のベンチマークに挙げる「IS F CCS-R」。高性能モデル「IS F」をベースに、さらに動力性能を磨き上げたサーキット専用モデルだ。
<プロフィール>
1977年入社。「クラウン」、初代および2代目「セルシオ」(LS400)の振動騒音開発に従事した後、 「チェイサー ツアラー」系、「プログレ」等の車両性能開発のまとめを担当した。レクサスセンターの立ち上げに参加し、「IS F」を提案。プレミアムスポーツブランド“F”を立ち上げ、車種別に存在していたスポーツグレードを“Fスポーツ”に統一した。
<プロフィール>
	1977年入社。「クラウン」、初代および2代目「セルシオ」(LS400)の振動騒音開発に従事した後、 「チェイサー ツアラー」系、「プログレ」等の車両性能開発のまとめを担当した。レクサスセンターの立ち上げに参加し、「IS F」を提案。プレミアムスポーツブランド“F”を立ち上げ、車種別に存在していたスポーツグレードを“Fスポーツ”に統一した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RC Fの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • レクサスRC F(FR/8AT)【試乗記】 2015.2.10 試乗記 「笑顔になれるスポーツカー」をキーワードに開発したという、レクサスのハイパフォーマンスモデル「RC F」。乗ってみたら、どうだった? その実像を報告する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る