トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ ピックアップ(4WD/5MT)

いいぞナナマル!! 2014.11.24 試乗記 10年ぶりの「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」復活に際し、「バン」と合わせてラインナップされたダブルキャブ ピックアップトラック。30年の歴史の中で、これが日本初導入となる「荷台付きのナナマル」の走りを試した。

運転に気難しいところはなし

第一印象@助手席は「あ、ホッタ君(webCG編集部員)が特に苦労なく運転してるっぽい」。皇居のお壕(ほり)のすぐ外、道路(その名も桜田通り)の向こう側には警視庁というような場所で拾ってもらったのでした。といって別に出頭したあとだったわけではなくて、神谷町で「ディスカバリー」の広報車を返却してからwebCG編集部に電話して(以下略)。

鎌倉橋あたりでホッタ君とサヨナラして自分で運転して、第二印象は「やっぱり」。というのはこのクルマ、運転しやすい。シートの前後スライドとバックレストの角度と、あとたしかハンドルのチルト調整。足元にABCペダル。全然フツー。左手でギアチェンジ……の操作感はシブい。というかゴリっと。次のギアのほうへカルく押しながらクラッチペダルを踏んでいくとクラッチが切れたところで勝手に動きはじめて……まではいいとして、その流れで最後までスッとはいってくれない。ヨイショとやってやる必要あり。バット、それがどーした。

エンジンは、こりゃもうエンストしようがない感じ。2速発進上等系。アイドリング静か。踏むとズワァァン。排気音のビートの感じはああV6。

どこから乗ったか忘れましたが首都高1号横羽線を横浜方面へ。継ぎ目の段差やアンジュレーションの上を走るたび、上屋がキツく速めのピッチで揺すられる感じあり。乗り心地は「空荷のトラック」……と思ったところでちょっと待て。実際これ、空荷のトラックじゃん。最大積載量600kg。試乗させる際は最大積載量ぶんオモリを積んどくのがトラック界の常識。いやまあこれ、ランクルなんだけど。ランクルのトラック。

日本に初めて導入された「ナナマル」の「ピックアップ」。南アフリカ仕様をベースに補助ミラーなどを取り付け、日本の保安基準に適合させたものだ。
日本に初めて導入された「ナナマル」の「ピックアップ」。南アフリカ仕様をベースに補助ミラーなどを取り付け、日本の保安基準に適合させたものだ。
荷室の有無を除くと、インテリアについては「バン」との大きな違いはなし。灰皿は3つもあるのに、ドリンクホルダーは1つしか備わっていない。
荷室の有無を除くと、インテリアについては「バン」との大きな違いはなし。灰皿は3つもあるのに、ドリンクホルダーは1つしか備わっていない。
前席には前後スライドおよびリクライニング機構を採用。ステアリングホイールのチルト、テレスコピック機構とも相まって、自然な運転姿勢が得られる。
前席には前後スライドおよびリクライニング機構を採用。ステアリングホイールのチルト、テレスコピック機構とも相まって、自然な運転姿勢が得られる。
後席には「バン」と同じくタンブルフォールディング式の格納機構を採用。工具類はシートの後ろに備えられている。
後席には「バン」と同じくタンブルフォールディング式の格納機構を採用。工具類はシートの後ろに備えられている。
最大積載重量は、「バン」が2人乗車時で500kg、5人乗車時で350kgなのに対し、「ピックアップ」は600kgとなっている。
最大積載重量は、「バン」が2人乗車時で500kg、5人乗車時で350kgなのに対し、「ピックアップ」は600kgとなっている。
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「三菱デリカD:5」に特別仕様車「アクティブギア」登場 2017.4.21 自動車ニュース 「三菱デリカD:5」に特別仕様車「アクティブギア」が登場。SUVライクな力強さや、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現したという内外装が特徴で、さらにアウトドアのイメージを高める「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」も用意されている。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る