第374回:熱烈日本ファンのスイス人が「トヨタiQ」を買った理由

2014.11.21 エッセイ

日本の伝統工芸をたしなむスイス人

思い出せばその老紳士に初めて会ったのは約10年前、東京に行く機上でのことだった。ジュネーブ在住のスイス人で、名前は「ジャン」と教えてくれた。現役時代はグラフィックデザイナーを経て、市内の歴史美術博物館に職を得た。そこで各国の作品を扱ううちに日本美術に魅せられ、リタイア後は和の世界をより深く探求しているのだという。
さらに聞けば、山口県の萩・津和野をはじめ、日本人のボクでさえまともに行ったことのないような地域を、すでに何度も訪ねていた。浅草で花魁(おいらん)ショーを見たあと、秋葉原で電気製品を物色する外国人観光客とは、明らかに違っていた。そのときも彼は「1944年生まれの申(さる)年です!」と日本語で笑わせてくれたあと、成田から国内線乗り継ぎで西へと向かっていった。

後日、彼が教えてくれた自身のウェブサイトを見て驚いた。日本で技法を覚えた七宝焼や美濃(みの)和紙を用いた、さまざまな作品が紹介されているではないか。いずれも、日本の美術展で入賞を果たしていた。

以来、ボクは自動車ショーなどでジュネーブに赴くたび、ジャンさんを訪ねるようになった。
彼が一人住まいしているのはジュネーブ市がアーティスト向けに提供しているアパルタマンだ。お隣さんの家にも、なにやら不思議なポスターや作品が外に掛かっている。

あるとき、彼のクルマ遍歴を聞いたことがあった。
「免許を取って最初に乗ったのはボクスホールの『クレスタ』でしたね」
ジュネーブは欧州のなかで珍しくアメリカ車が少なくない地域である。イギリス車とはいえ、GMの息が掛かったおおらかなデザインは、ジュネーブ湖畔の街によく似合っていただろう。
「そのあとは『フォード・コーティナ』。NSUやアウトビアンキなんかも乗りましたよ」 

いっぽうボクが知り合った頃は、もうクルマを手放していた。
「郊外の一軒家に住んでいた頃と違って、市電もバスも家の前を通っていますからね。最後のクルマはホンダの『ジャズ(日本名:フィット)』でしたよ」
公共交通機関にシフトというわけだ。年をとったら交通至便な街中に住んで、早めにクルマの運転から卒業したいと常々思っていたボクとしては、理想の生活を実践しているおじさんであった。

ジュネーブで美濃和紙を用いたペーパークラフトを制作するジャン・フィルテールさん(70歳)。アトリエ兼住居の窓には障子を据え付けている。
ジュネーブで美濃和紙を用いたペーパークラフトを制作するジャン・フィルテールさん(70歳)。アトリエ兼住居の窓には障子を据え付けている。
ペーパークラフトに専念する前は七宝焼きも手がけ、日本七宝作家協会の国際展で受賞したこともあった。写真はダマスカス鋼のフォールデングナイフのハンドルに七宝焼を取り入れ、デザインしたもの。
ペーパークラフトに専念する前は七宝焼きも手がけ、日本七宝作家協会の国際展で受賞したこともあった。写真はダマスカス鋼のフォールデングナイフのハンドルに七宝焼を取り入れ、デザインしたもの。
自らのぺーパークラフト作品の前で。
自らのぺーパークラフト作品の前で。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。