ダイハツのハイブリッド車「メビウス」仕様変更

2014.11.18 自動車ニュース
「ダイハツ・メビウス」
「ダイハツ・メビウス」

ハイブリッド車「ダイハツ・メビウス」がマイナーチェンジ

ダイハツ工業は、ハイブリッド車「メビウス」をマイナーチェンジし、2014年11月17日に発売した。

ダイハツ・メビウスは、「トヨタ・プリウスα(アルファ)」のOEM供給モデル。今回の仕様変更は、プリウスαの一部改良を受けてのものである。

エクステリアの具体的な変更点は、フロントとリアのバンパーやフロントグリル、ヘッドランプ、リアコンビランプの形状など。インテリアも、ブラックとベージュの2タイプとなり、ステアリングホイール装飾部の色が変更されるなどした。
センターメーター内に、多彩な情報を表示する4.2インチのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが追加されたのも新しい。

価格は以下の通り。
・S“Lセレクション”:247万9091円
・S:262万2437円
・S“ツーリングセレクション”:293万1709円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
ホームへ戻る