タフ&アグレッシブな新デザイン「コペン」登場

2014.11.19 自動車ニュース
「ダイハツ・コペン エクスプレイ」
「ダイハツ・コペン エクスプレイ」 拡大

「タフ&アグレッシブ」な、新デザインの「コペン」登場

ダイハツ工業は2014年11月19日、軽規格のオープンスポーツカー「コペン」に、2つ目の内外装デザインとなる「COPEN XPLAY(コペン エクスプレイ)」を設定し、販売を開始した。

 
タフ&アグレッシブな新デザイン「コペン」登場の画像 拡大
 
タフ&アグレッシブな新デザイン「コペン」登場の画像 拡大
 
タフ&アグレッシブな新デザイン「コペン」登場の画像 拡大
「コペン エクスプレイ」専用色の「オフビートカーキメタリック」。
「コペン エクスプレイ」専用色の「オフビートカーキメタリック」。 拡大

2014年6月に発売された2代目コペンは、内外装のパネルやトリムを脱着できる「DRESS-FORMATION」と呼ばれる構造を採用しており、ユーザーの好みによってデザインを選択できることが特徴となっていた。

今回のコペン エクスプレイは、発売当初から設定のあった「コペン ローブ」に続く2つ目の内外装デザインであり、「タフ&アグレッシブ」をコンセプトにしたダイナミックな意匠となっている。エクスプレイという名称は「Extra PLAY(もっと楽しい)」からの造語。これは2014年のオートサロン会場やウェブサイト(COPEN.jp)などで実施された、一般公募の中から選ばれたもので、1カ月の募集期間に378案の応募があったという。

エクステリアについては、前後のフェンダーに力強さを強調するホイールフレアの造形を追加したほか、ボディーの各所に多面体を意識したプレスラインを採用。フロントグリルや16インチアルミホイールの意匠も変更している。

一方、インテリアは黒を基調にシートやインストゥルメントパネルをコーディネート。センタークラスターの骨格をインパネの上面まで張り出させ、シルバーの加飾パネルとクロスさせる「クロスフレーム」と呼ばれるデザインを採用している。

ボディーカラーは専用色の「オフビートカーキメタリック」を含む全8色。価格はCVT仕様が179万8200円、MT仕様が181万9800円となっている。

なお、今回はコペン エクスプレイの追加に加え、新たに軽量鍛造のBBS製アルミホイールをメーカーオプションとして設定。これについては、既存のコペン ローブでも選択できる。

(webCG)
 

関連キーワード:
コペン エクスプレイコペンダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • 新型「アルピーヌA110」、まずは限定車が先行発売 2018.6.22 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2018年6月22日、新型スポーツカー「アルピーヌA110」の本格導入に先駆け、「プルミエールエディション」を50台限定で販売すると発表し、注文受け付けを開始した。購入希望者多数の場合は抽選販売となる。
ホームへ戻る