三菱から新型ピックアップトラックがデビュー

2014.11.20 自動車ニュース
新型「三菱トライトン」
新型「三菱トライトン」

三菱から新型ピックアップトラックがデビュー

三菱自動車は2014年11月18日、タイで生産するピックアップトラック「トライトン」をフルモデルチェンジし、同国での販売を開始した。

新開発の2.4リッターディーゼルターボエンジン。
新開発の2.4リッターディーゼルターボエンジン。

トライトンは、三菱がタイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドのラムチャバン工場で生産している1トンピックアップトラックである。海外市場における同社の主力商品の一つであり、先代モデルの世界累計販売は126万台(2005年8月~2014年9月時点)を記録。今回の新型についても約150カ国への輸出を計画しており、今後は東南アジア、オセアニア、中東、欧州、アフリカ、中南米などに順次投入を予定している。

5代目となる新型は、働くクルマとしての機能性・信頼性を向上させながら、乗用車のように快適な移動空間を提供することを目指して開発。ゆとりある居住空間や、十分な積載容量、クラストップの取り回しの良さ、高い静粛性と滑らかな乗り心地を実現したという。また、耐久性や堅牢(けんろう)性に優れるシャシーフレームと「RISE」と呼ばれる衝突安全強化ボディーの採用により、高い安全性を確保している。

パワーユニットは全3種類で、既存の2.5リッターディーゼルターボエンジンと2.4リッターガソリンエンジンに加え、新開発の可変バルブタイミング機構付き2.4リッターディーゼルターボエンジンを設定。キャビンタイプについてもダブルキャブ、シングルキャブ、クラブキャブの3種類を用意する。

三菱は同車について、キャビンタイプやエンジン、駆動方式、各種機能装備など、販売する地域に合わせて最適な仕様を用意し、プライベートユース、ビジネスユース問わず、幅広いユーザーの要望に対応するとしている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱トライトン(4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2007.5.8 試乗記 ……302万8830円
    総合評価……★★★★

    日本国内向けに販売される唯一のピックアップトラック「三菱トライトン」。その実力はいかに? 笹目二朗が試乗した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る