「マツダCX-3」のここに注目【LAショー2014】

2014.11.20 自動車ニュース
「マツダCX-3」
「マツダCX-3」

【LAショー2014】「マツダCX-3」のここに注目

マツダは2014年11月19日(日本時間20日未明)、ロサンゼルスオートショーで新型コンパクトクロスオーバーSUV「マツダCX-3」を世界初公開した。

全高は1550mmに抑えられている。
全高は1550mmに抑えられている。
ターンランプはヘッドライトユニット内ではなく、その下方に配置される。
ターンランプはヘッドライトユニット内ではなく、その下方に配置される。
ロングノーズが印象的なサイドビュー。Dピラーがブラックに塗装されている。
ロングノーズが印象的なサイドビュー。Dピラーがブラックに塗装されている。
インテリアは空間造形の統一感や、素材の質感表現にこだわったという。
インテリアは空間造形の統一感や、素材の質感表現にこだわったという。
ピュアホワイトのレザーとオフブラックの“ラックススエード”のコンビネーションシートが備わる。
ピュアホワイトのレザーとオフブラックの“ラックススエード”のコンビネーションシートが備わる。
トランスミッションは6段ATのほか、6段MT(写真)も用意される。
トランスミッションは6段ATのほか、6段MT(写真)も用意される。
タイヤサイズは215/50R18。
タイヤサイズは215/50R18。
駆動方式はFFとAWDが設定される。
駆動方式はFFとAWDが設定される。

■車高はタワーパーキングを考慮した1550mmに

CX-3は、マツダのSKYACTIV技術と「魂動(こどう)」デザインを全面的に採用したコンパクトクロスオーバーSUVで、同社の新世代商品の第5弾となる。開発に際しては、上質かつ洗練されたデザインと使いやすさを追求したパッケージング、ドライバーの意のままになる走りなど、クルマの本質的な価値の、高い次元での融合を目指したという。

ボディーサイズは全長4275×全幅1765×全長1550mm(日本仕様の開発目標値)と公表されている。「デミオ」と比べると全長で215mm、全幅で70mm、全高で50mm大きいが、全高については日本のタワーパーキングに対応した1550mm(シャークフィンアンテナ搭載、空車時)に抑えるなど、都市部や市街地での扱いやすさが重視されている。ホイールベースはデミオと同じ2570mm。

エクステリアデザインは同社のデザインテーマ「魂動」に基づいたスタイリッシュなものとなっており、プロポーションを磨き上げて無駄な要素を徹底的に排除することで、美しさや先鋭的なイメージがストレートに伝わるように作り込んだという。フロントビューでは精悍(せいかん)さを追求し、フロントグリルの桟(さん)の先端をシルバーに塗装し、横方向に広がるエネルギーを表現。ヘッドライトはターンランプ(ウインカー)をユニット外に配置することで薄くシャープなデザインとし、引き締まった表情を目指した。また、クロスオーバーSUVらしく、前後バンパーの下部やホイールアーチ、サイドシルを「CX-5」のようにブラックとし、力強さを演出した。他の新世代車には見られない目新しいところでは、Dピラーもブラック塗装とし、キャビンをよりスリークかつスマートに見せる工夫を施した。

■クロスオーバーらしい見晴らしの良さが売り

室内については、魂動デザインによるスタイリッシュなエクステリアプロポーションを実現したうえで、十分なスペースを確保したという。前席は、ショルダールームや左右席間の距離、レッグルームに余裕を持たせ、乗員が快適に過ごせる空間を作りだした。後席は前席に対して着座位置を内側に配置し、併せてヒップポイントを高めに設定することで、前方を見やすいレイアウトとした。乗車定員は5人。運転席についてはアイポイント高を約1250mmに設定して、気持ちよく、安心して運転できる見晴らしの良さを確保した。

他の新世代モデルと同様に、安全性を優先した新世代ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)を採用しており、運転席には多くの情報を処理しながら正しい姿勢で運転に集中できる「Heads-up Cockpit」コンセプトが貫かれている。「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」(コンバイナータイプのヘッドアップディスプレイ)や7インチのセンターディスプレイ、情報機器を集中的に操作できる「コマンダーコントロール」などの各種装備のほか、スマートフォン等と連携するカーコネクティビティーシステム「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」が搭載されている。

■日本市場の主役は1.5ディーゼルか?

動的性能については、マツダがこだわる「ドライバーが意のままに操れる気持ちのいい走り」が追求されている。街中での使いやすさや高速道路での安心感だけでなく、緩やかなカーブが続くような道でも思いのままに楽しめるクルマ作りが貫かれているという。

エンジンは1.5リッターディーゼル(SKYACTIV-D 1.5)と2リッターガソリン(SKYACTIV-G 2.0)を、市場ごとに適切なラインナップで展開する。駆動方式は、FFのほかに、CX-5で初めて導入された「アクティブトルクコントロールカップリング」方式の新世代AWDシステムを設定する。トランスミッションは6段ATのほか、6段MTも用意される。サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット式、リアがトーションビームアクスル式。ブレーキは前がベンチレーテッドディスクで後ろがソリッドディスク、タイヤサイズは215/50R18と発表されている。なお、ボディー全体や各部材への高張力鋼板の使用比率は全体の63%に上るという。また、安全性能については、ミリ波レーダーなどの検知デバイスを用いた先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」が搭載されている。

今後のスケジュールについては、2015年春より、日本から順次グローバルで販売を開始していく予定。

(webCG)

→「マツダCX-3」の詳細は写真はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
ホームへ戻る