マセラティとゼニアがコラボした限定モデル登場

2014.11.20 自動車ニュース
「マセラティ・クアトロポルテ エルメネジルド ゼニア リミテッド・エディション」
「マセラティ・クアトロポルテ エルメネジルド ゼニア リミテッド・エディション」

「マセラティ・クアトロポルテ」に「ゼニア」とのコラボモデルが登場

マセラティ ジャパンは2014年11月19日、イタリアのファッションブランド、エルメネジルド ゼニアとのコラボレーションによる限定モデル「クアトロポルテ エルメネジルド ゼニア リミテッド・エディション」を発表した。デリバリー開始は同年12月から。


マセラティとゼニアがコラボした限定モデル登場の画像

マセラティとゼニアがコラボした限定モデル登場の画像

マセラティとゼニアがコラボした限定モデル登場の画像

マセラティとゼニアがコラボした限定モデル登場の画像
「クアトロポルテ エルメネジルド ゼニア リミテッド・エディション」と、マセラティ ジャパン代表取締役のファブリッツィオ・カッツォーリ氏。
「クアトロポルテ エルメネジルド ゼニア リミテッド・エディション」と、マセラティ ジャパン代表取締役のファブリッツィオ・カッツォーリ氏。

■イタリアのファッションブランドとコラボレーション

マセラティとエルメネジルド ゼニアは、2013年4月に3年間のパートナーシップ契約を締結。今回の限定モデルは、その提携事業によって誕生した第1弾の商品となる。生産台数は限定100台。これは2014年がマセラティの創業100周年にあたることにあやかったもので、このうちの12台が日本で販売される。

ベースとなったのは最高出力530psを発生する高性能セダン「クアトロポルテGT S」で、ボディーには同車のために開発された「プラチナム・シルク・ペイント」という塗装仕上げを採用。超微細粒子のアルミニウム顔料により、純度の高い金属のような質感を実現した。ホイールは表面にダイヤモンド研磨を施した20インチアルミで、色をボディーと同色とするだけでなく、こちらもプラチナム・シルク・ペイントの塗装仕上げを採用。アルミ製のブレーキキャリパーには、ハンドポリッシュで磨きをかけている。

一方、フォーマルなメンズウエアをイメージしたというインテリアは、モカ系の「テスタ ディ モーロ(ダークブラウン)」と「グレージュ」の2色でコーディネート。シートやドアパネルなど、各部に最高級のプレミアムレザーと、エルメネジルド ゼニアが今回の限定車のために開発したという専用のファブリックを用いている。

このほかにも、2つのブランドのコラボレーションを象徴するものとして、Bピラーの外側、およびセンターコンソールの2カ所に「Ermenegildo Zegna Limited Edition」の文字を刻んだアルミインゴット製のプレートを装着。また、スーツの裏側にラベルが縫い付けられているように、サンバイザーの裏には布製のスペシャルラベルが取り付けられている。

装備も充実しており、標準車のクアトロポルテの装備に加え、電動サンルーフやフロントシートベンチレーション、前後左右4ゾーンエアコンシステムを搭載。オーディオにはBowers&Wilkins製の15スピーカープレミアムサウンドシステムを採用している。

価格は2106万円。購入者にはエルメネジルド ゼニアが制作した18種類の限定グッズと、ゼニアの店舗で利用可能なクーポンをセットにした「オーナーズ コレクション キット」も付与される。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る