ボルボ、新エンジン搭載のV40 T5 R-DESIGN発売

2014.11.20 自動車ニュース
「ボルボV40 T5 R-DESIGN」
「ボルボV40 T5 R-DESIGN」

ボルボ、新エンジン搭載の「V40 T5 R-DESIGN」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2014年11月20日、新たなパワートレインを搭載した「V40 T5 R-DESIGN」を発売した。

V40 T5 R-DESIGNの最新モデルには、これまでの2リッター直列5気筒ターボエンジンに代えて、最高出力で32ps、最大トルクで5.1kgm増しとなる新世代の2リッター直列4気筒直噴ターボ(245ps、35.7kgm)が搭載される。
トランスミッションも、従来の6段ATからシフトパドル付きの8段ATに変更された。

ATの変速ポイントやエンジンレスポンス、エンジンStart/Stop機能の制御を最適化するとともに、必要に応じてトランスミッションとエンジンとを自動的に切り離す省燃費走行モード「ECO+(エコプラス)モード」も選べるようになった。
JC08モードの燃費値は、15.1km/リッター。従来モデルに比べて、約14%向上している。

安全面では、リアビューカメラを標準装備。ボルボ先進の安全技術である「歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」や「全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール」、「アクティブ・ハイビーム」など、10種類の先進安全装備・運転支援機能が与えられる。

マルチメディアシステム「SENSUS(センサス)」もアップデートされており、インターネット接続機能や音声認識のボイスコントロール機能が追加されるとともに、操作画面も変更された。
そのほか、カーナビゲーション連動型ITSスポット(DSRC)対応ETC車載器も搭載。マップケア(ナビデータの無償更新)にも対応している。

価格は、436万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る