ボルボ、新エンジン搭載のV40 T5 R-DESIGN発売

2014.11.20 自動車ニュース
「ボルボV40 T5 R-DESIGN」
「ボルボV40 T5 R-DESIGN」

ボルボ、新エンジン搭載の「V40 T5 R-DESIGN」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2014年11月20日、新たなパワートレインを搭載した「V40 T5 R-DESIGN」を発売した。

V40 T5 R-DESIGNの最新モデルには、これまでの2リッター直列5気筒ターボエンジンに代えて、最高出力で32ps、最大トルクで5.1kgm増しとなる新世代の2リッター直列4気筒直噴ターボ(245ps、35.7kgm)が搭載される。
トランスミッションも、従来の6段ATからシフトパドル付きの8段ATに変更された。

ATの変速ポイントやエンジンレスポンス、エンジンStart/Stop機能の制御を最適化するとともに、必要に応じてトランスミッションとエンジンとを自動的に切り離す省燃費走行モード「ECO+(エコプラス)モード」も選べるようになった。
JC08モードの燃費値は、15.1km/リッター。従来モデルに比べて、約14%向上している。

安全面では、リアビューカメラを標準装備。ボルボ先進の安全技術である「歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」や「全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール」、「アクティブ・ハイビーム」など、10種類の先進安全装備・運転支援機能が与えられる。

マルチメディアシステム「SENSUS(センサス)」もアップデートされており、インターネット接続機能や音声認識のボイスコントロール機能が追加されるとともに、操作画面も変更された。
そのほか、カーナビゲーション連動型ITSスポット(DSRC)対応ETC車載器も搭載。マップケア(ナビデータの無償更新)にも対応している。

価格は、436万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 「ボルボV40クロスカントリー」に、ファッションモデル監修の限定車登場 2017.4.18 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年4月18日、「V40クロスカントリー」に特別仕様車「INATOMO SELECTION(イナトモ セレクション)」を設定し、40台限定で発売した。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る