ボルボ、新エンジン搭載のV40 T5 R-DESIGN発売

2014.11.20 自動車ニュース
「ボルボV40 T5 R-DESIGN」
「ボルボV40 T5 R-DESIGN」
    拡大

ボルボ、新エンジン搭載の「V40 T5 R-DESIGN」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2014年11月20日、新たなパワートレインを搭載した「V40 T5 R-DESIGN」を発売した。

V40 T5 R-DESIGNの最新モデルには、これまでの2リッター直列5気筒ターボエンジンに代えて、最高出力で32ps、最大トルクで5.1kgm増しとなる新世代の2リッター直列4気筒直噴ターボ(245ps、35.7kgm)が搭載される。
トランスミッションも、従来の6段ATからシフトパドル付きの8段ATに変更された。

ATの変速ポイントやエンジンレスポンス、エンジンStart/Stop機能の制御を最適化するとともに、必要に応じてトランスミッションとエンジンとを自動的に切り離す省燃費走行モード「ECO+(エコプラス)モード」も選べるようになった。
JC08モードの燃費値は、15.1km/リッター。従来モデルに比べて、約14%向上している。

安全面では、リアビューカメラを標準装備。ボルボ先進の安全技術である「歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」や「全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール」、「アクティブ・ハイビーム」など、10種類の先進安全装備・運転支援機能が与えられる。

マルチメディアシステム「SENSUS(センサス)」もアップデートされており、インターネット接続機能や音声認識のボイスコントロール機能が追加されるとともに、操作画面も変更された。
そのほか、カーナビゲーション連動型ITSスポット(DSRC)対応ETC車載器も搭載。マップケア(ナビデータの無償更新)にも対応している。

価格は、436万円。

(webCG)

関連キーワード:
V40ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る