トヨタ・ミライ 開発者インタビュー

佐吉翁のDNA 2014.11.21 試乗記 トヨタ自動車
製品企画本部
ZF 主査
田中義和(たなか よしかず)さん

来たる水素社会に向けて、トヨタが提案する新型燃料電池車「ミライ」。その開発責任者は、どんな思いで製品開発に取り組んだのか? 話を聞いた。

ストーリーがなければやっていけない

昔の自動車エンジニアは、今に比べれば簡素でわかりやすい仕事をしていたのかもしれない。壊れないクルマ、速いクルマ、カッコいいクルマなどという平明な目的を持ち、それをクリアすることに喜びを感じていたはずだ。ミライの開発責任者である田中さんは、単に一つの新型モデルを作ったのではない。車名が示すように、近い将来訪れるであろう自動車の枠組みを、そしてあり得べき社会の構想作りにも関わっている。

新しいことを始めるんですから、ストーリーがなければやっていけません。いいクルマを作る、それで将来が開けていく。そう思っていなければ、何のためにやっているのかわからなくなりますから。考え方が重要なんです。

――乗ってみてミライの完成度は高いと思いましたが、普及するかどうかにはほかのさまざまな要素も関わってきますね。

インフラの整備や政治・行政の動向、国際的な関係など、いろいろなことを気にしなければなりません。技術の進展も、これからどうなるか誰もわからない。われわれだけでは、クルマ単体では、解決がつかないことがあるんです。今は汚泥から水素を作り出す研究だってありますから、どこかでポーンとすごい技術が生まれる可能性だって否定できません。

一見すると横丁で縁台将棋でも指していそうなオジサンだが、話し始めるとアツい。動きとしゃべりがエネルギッシュで、絵に描いたような熱血エンジニアなのだ。

2015年は水素元年だと、経済産業省の有識者会議が6月に行程表を示しました。それに向けて、攻めの姿勢を持たなくてはいけないんです。

2014年11月18日に正式デビューを果たした、トヨタの量産型燃料電池車「ミライ」。同年12月15日、販売がスタートする。
2014年11月18日に正式デビューを果たした、トヨタの量産型燃料電池車「ミライ」。同年12月15日、販売がスタートする。
非対称な造形が印象的な「ミライ」のインテリア。白と黒を基調に、3種類のカラーバリエーションが用意される。
非対称な造形が印象的な「ミライ」のインテリア。白と黒を基調に、3種類のカラーバリエーションが用意される。
<プロフィール>
1987年入社。初代「ヴィッツ」などのAT開発を担当し、2005年に実験解析室室長。2006年からプラグインハイブリッドの製品企画業務を担当し、2007年「プリウスPHV」のチーフエンジニアに。2012年から燃料電池車開発責任者として製品企画業務を担当。
<プロフィール>
    1987年入社。初代「ヴィッツ」などのAT開発を担当し、2005年に実験解析室室長。2006年からプラグインハイブリッドの製品企画業務を担当し、2007年「プリウスPHV」のチーフエンジニアに。2012年から燃料電池車開発責任者として製品企画業務を担当。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミライの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る