クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ・ミライ 開発者インタビュー

佐吉翁のDNA 2014.11.21 試乗記 トヨタ自動車
製品企画本部
ZF 主査
田中義和(たなか よしかず)さん

来たる水素社会に向けて、トヨタが提案する新型燃料電池車「ミライ」。その開発責任者は、どんな思いで製品開発に取り組んだのか? 話を聞いた。

ストーリーがなければやっていけない

昔の自動車エンジニアは、今に比べれば簡素でわかりやすい仕事をしていたのかもしれない。壊れないクルマ、速いクルマ、カッコいいクルマなどという平明な目的を持ち、それをクリアすることに喜びを感じていたはずだ。ミライの開発責任者である田中さんは、単に一つの新型モデルを作ったのではない。車名が示すように、近い将来訪れるであろう自動車の枠組みを、そしてあり得べき社会の構想作りにも関わっている。

新しいことを始めるんですから、ストーリーがなければやっていけません。いいクルマを作る、それで将来が開けていく。そう思っていなければ、何のためにやっているのかわからなくなりますから。考え方が重要なんです。

――乗ってみてミライの完成度は高いと思いましたが、普及するかどうかにはほかのさまざまな要素も関わってきますね。

インフラの整備や政治・行政の動向、国際的な関係など、いろいろなことを気にしなければなりません。技術の進展も、これからどうなるか誰もわからない。われわれだけでは、クルマ単体では、解決がつかないことがあるんです。今は汚泥から水素を作り出す研究だってありますから、どこかでポーンとすごい技術が生まれる可能性だって否定できません。

一見すると横丁で縁台将棋でも指していそうなオジサンだが、話し始めるとアツい。動きとしゃべりがエネルギッシュで、絵に描いたような熱血エンジニアなのだ。

2015年は水素元年だと、経済産業省の有識者会議が6月に行程表を示しました。それに向けて、攻めの姿勢を持たなくてはいけないんです。

2014年11月18日に正式デビューを果たした、トヨタの量産型燃料電池車「ミライ」。同年12月15日、販売がスタートする。
2014年11月18日に正式デビューを果たした、トヨタの量産型燃料電池車「ミライ」。同年12月15日、販売がスタートする。
    拡大
非対称な造形が印象的な「ミライ」のインテリア。白と黒を基調に、3種類のカラーバリエーションが用意される。
非対称な造形が印象的な「ミライ」のインテリア。白と黒を基調に、3種類のカラーバリエーションが用意される。
    拡大
<プロフィール>
1987年入社。初代「ヴィッツ」などのAT開発を担当し、2005年に実験解析室室長。2006年からプラグインハイブリッドの製品企画業務を担当し、2007年「プリウスPHV」のチーフエンジニアに。2012年から燃料電池車開発責任者として製品企画業務を担当。
<プロフィール>
    1987年入社。初代「ヴィッツ」などのAT開発を担当し、2005年に実験解析室室長。2006年からプラグインハイブリッドの製品企画業務を担当し、2007年「プリウスPHV」のチーフエンジニアに。2012年から燃料電池車開発責任者として製品企画業務を担当。
    拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

燃料の選択肢を増やすことが重要

――ただ、燃料電池車(FCV)で使う水素というのは、爆発する危険があるという印象があります。福島第一原発事故で、水素爆発がありましたし……。

確かに水素は爆発します。でも、水素だけでは燃えないんです。一定の割合で酸素が混入すると燃える。福島第一原発で水素爆発が起きたのは、密閉空間だったからですね。水素は軽いので、上部から逃していればあんなことにはならなかったはずです。

――クルマの中に700気圧の高圧水素タンクがあることを怖がる人もいます。

プロパンガスだって高圧ですが、普通に家庭に備えられています。私の田舎では、居間にタンクを持ち込んで鍋をやったりしていましたよ(笑)。しっかりコントロールすれば、危険なものではないんです。ミライの水素タンクは十分な強度を持っていますし、もし火災が発生しても、溶栓弁によって水素を逃がすので爆発しません。2重3重に危険を避ける仕組みが作ってあるんです。水素を受け入れるのに、不安のある人が多いのは確かです。でも、水素は電気に比べてはるかにエネルギー密度が高い。そのことは、わかってほしいんです。

――電気自動車(EV)は時代遅れになっていきますか?

いや、そういうことではありません。ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、EVにはそれぞれの良さがあります。否定するべきではありません。

田中さんは「プリウスPHV」の開発責任者でもあったのだった。否定するわけがない。

燃料の選択肢を増やしておくことが重要です。HVはまだ広がっていくし、PHVにはさらに可能性がある。EVも近距離の移動手段としては優秀です。ただ、EVは夜間に家で充電するのが正しい使い方ですね。急速充電はエコの流れに逆行しています。昼間に大量の電気が必要とされるのでは、社会全体としてうまく機能していかないでしょう。

――逆に、FCVは間違った道だと言っている人もいます。テスラ社長のイーロン・マスクです。

……まあ、いろいろな考え方がありますが。世の中は、シンプルだから動きます。どの時点でブレークスルーが起きるか、いつ政治が動くか、誰もわかりません。準備しておくことが大切です。リスクテイクしなければならないのは、当然のことです。

トヨタが内製にこだわってきた、高圧水素タンク。炭素繊維強化プラスチックとガラス繊維強化プラスチックを使うことで、強度と軽さを両立させている。
トヨタが内製にこだわってきた、高圧水素タンク。炭素繊維強化プラスチックとガラス繊維強化プラスチックを使うことで、強度と軽さを両立させている。
    拡大
高圧水素タンクは、後席の下(写真で黄色く見える部分)と荷室の下、計2カ所にマウントされる。合計の容量は122.4リッターで、充填(じゅうてん)にかかる時間は約3分。
高圧水素タンクは、後席の下(写真で黄色く見える部分)と荷室の下、計2カ所にマウントされる。合計の容量は122.4リッターで、充填(じゅうてん)にかかる時間は約3分。
    拡大
疾走する「ミライ」。大きなグリルを左右に配したフロントまわりは、インパクト十分。
疾走する「ミライ」。大きなグリルを左右に配したフロントまわりは、インパクト十分。
    拡大
「環境性能だけではなく、走りの楽しさにもこだわっているんですよ」。“わが子”「ミライ」の運転席でほほ笑む、田中義和主査。
「環境性能だけではなく、走りの楽しさにもこだわっているんですよ」。“わが子”「ミライ」の運転席でほほ笑む、田中義和主査。
    拡大
必要に応じて、電力の供給源にもなる「ミライ」。荷室に設けられたDCコンセントから給電器(写真左)へと電気を取り出すことができる。
必要に応じて、電力の供給源にもなる「ミライ」。荷室に設けられたDCコンセントから給電器(写真左)へと電気を取り出すことができる。
    拡大

インフラとクルマのシナジー現象が起きる

――インフラの問題もありますね。水素ステーションはまだ13カ所しかないそうですが……。

急速充電器に比べて、インフラが整備されていないと言われていますね。でも、大事なのは場所ですよ。東京23区で言うなら、半径5キロで水素ステーションに行けるようにするには、40カ所あればOKなんですよ。

――郊外ではショッピングモールに人々が集まりますから、設置するには良い条件になりますね。

そういうことなんですよ! 地方の生活ではモールがコアになるので、そこに水素ステーションを設置するのはいい方法です。オール・オア・ナッシングじゃないんですよ。これから、インフラとクルマのシナジー現象が起きるはずです。「プリウス」だって、クルマ単体で受け入れられたわけじゃない。インフラを含めて、だんだん普及していった。30万台、50万台と増えていって、乗ってみたいと思ってもらえるようになっていったんです。

――「トヨダAA型」(トヨタが1936年に完成させた初の乗用車)ができた時、ガソリンスタンドは少なかったでしょうね。

大先輩たちも、そういう中でクルマを作っていったんです。トヨタにはDNAがあります。豊田佐吉翁は、晩年に蓄電池の開発コンペを行っています。未来技術を手がけるのが好きなんでしょうね。

――ミライはスタイルも新しいですね。

FCVならではの形です。水素で走るクルマということを、デザインで表現しています。走りだっていいですよ。スポーツカーというのはやはり魅力的ですから、FCVもそれを忘れてはいけない。乗ってもらえれば良さはわかりますから、まずは形でアピールする必要があります。

――2020年の東京オリンピックは、FCVを前面に出して水素社会に向かう決意を示す場になるという話も盛り上がってきましたね。

そのためには、まずはミライが受け入れられることが大事です。このクルマが増えなければ、インフラは育たない。だから、責任を感じています。

自動車のエンジニアなのに、オリンピックのことまで考えている。心労は絶えないはずだが、田中さんはハツラツとしている。そりゃそうだろう。未来を作る機会なんて、めったに出会えるものじゃない。

(インタビューとまとめ=鈴木真人/写真=田村 弥、webCG)

ボンネットのすぐ下にはパワーコントロールユニットが、さらにその奥には駆動用モーターがおさめられる。
ボンネットのすぐ下にはパワーコントロールユニットが、さらにその奥には駆動用モーターがおさめられる。
    拡大

トヨタ・ミライ【開発者インタビュー】の画像 拡大

燃料電池車であることを示す、フロントフェンダー部のエンブレム。いまはまだ、レアなアイテムだが……。


    燃料電池車であることを示す、フロントフェンダー部のエンブレム。いまはまだ、レアなアイテムだが……。
    拡大
なだらかな曲線を描くサイドビュー。水滴をイメージしてデザインしたという。
なだらかな曲線を描くサイドビュー。水滴をイメージしてデザインしたという。
    拡大

トヨタ・ミライ【開発者インタビュー】の画像 拡大

関連キーワード:
ミライトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事