「水野和敏的視点」 vol.76 「トヨタ・アクアS」

2014.11.21 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.76 「トヨタ・アクアS」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。「デミオ」「ポロ」といった実力派ハッチバックに続いては、今、日本で最も売れている小型ハッチバック「トヨタ・アクア」を俎上(そじょう)に載せる。小型車は“社会の足腰”。ミスターGT-Rはどう評価する?


「水野和敏的視点」 vol.76 「トヨタ・アクアS」の画像 拡大

「水野和敏的視点」 vol.76 「トヨタ・アクアS」の画像 拡大

「水野和敏的視点」 vol.76 「トヨタ・アクアS」の画像 拡大
トヨタ・アクアS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3995×1695×1445mm/ホイールベース:2550mm/車重:1355kg/駆動方式:FF/エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:74ps/4800rpm/エンジン最大トルク:11.3kgm/3600~4400rpm/モーター最高出力:61ps/モーター最大トルク:17.2kgm/タイヤ:(前)175/65R15 (後)175/65R15/車両本体価格:186万1715円

トヨタ・アクアS
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3995×1695×1445mm/ホイールベース:2550mm/車重:1355kg/駆動方式:FF/エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:74ps/4800rpm/エンジン最大トルク:11.3kgm/3600~4400rpm/モーター最高出力:61ps/モーター最大トルク:17.2kgm/タイヤ:(前)175/65R15 (後)175/65R15/車両本体価格:186万1715円
    
    拡大

■コンパクトハッチバックの日本代表

前々回は「マツダ・デミオ」の意外なほどのデキのよさに驚き、前回は「フォルクスワーゲン・ポロ」の堅実なつくりに感心しました。今回はここ数年、日本で一番売れているBセグメントハッチバックの座にある「トヨタ・アクア」を取り上げます。

アクアは、今から3年前、2011年の末に販売が開始されました。プリウスから始まったハイブリッドシステムが、「ついにベーシックカーに搭載された!」と話題になりました。

価格は、ベーシックな「L」が174万8572円。最も豪華な「G“ブラックソフトレザーセレクション”」が200万5714円。今回のテスト車は、中間的なグレードの「S」で、車両価格は186万1715円です。

デミオのディーゼルモデル「XD」が178万2000円からで、最も豪華な「XDツーリング Lパッケージ」が219万2400円ですから、1.5リッターのガソリンエンジンを用いたハイブリッドシステムを積むアクアと、価格面ではいい勝負です。JC08モード燃費は、アクアが37.0km/リッター、デミオXD(6MTのFF)が30.0km/リッターとカタログに記載されます。

アクアのテストドライブに先立ち、まずは後席に座ってみましょう。なんだか足先がひっかかりますね。乗降性もいまひとつよくありません。足を出し入れする際に、必ずドアの内張りか、シートに擦ってしまうのです。いかにベーシックなコンパクトハッチバック車とはいえ、もう少しリアシートまわりに、ユーザーを考えた工夫があってもいいと思います。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
アクアトヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「トヨタ・アクア」の衝突回避機能がレベルアップ 2018.4.3 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年4月3日、コンパクトカー「アクア」の仕様変更を発表。あわせて、ブラック基調のインテリアを特徴とする特別仕様車「S“スタイルブラック”」を発売した。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • トヨタ・アクアのクロスオーバー仕様が登場 2014.12.8 自動車ニュース 「トヨタ・アクア」のラインナップに新グレード「X-URBAN」が加わった。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
  • 「トヨタ・アクア」にスタイリッシュな特別仕様車 2017.11.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月14日、ハイブリッド車「アクア」に特別仕様車「S“スタイルブラック”」を設定し、販売を開始した。「S」グレードをベースに、特別な内外装を装備したほか、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense C」を標準装備として安全性の向上を図っている。
ホームへ戻る