アウディQ3 1.4 TFSI(FF/6AT)

穏やかなアウディ 2014.11.27 試乗記 「アウディQ3」に1.4リッターターボエンジンを搭載したFFモデル「1.4 TFSI」が登場。日本初導入となる“非クワトロ”のQ3に託された役割とは? 走りの実力とともにリポートする。

日本ではシリーズ初の前輪駆動

試乗を終え、さあ原稿を書こうかというときに、衝撃のニュースが飛び込んできた。アウディQ3が本国でマイナーチェンジを受けたのだ。しかもその顔は、良く言えば次世代のアウディのファミリーフェイスを予感させるような、うがった見方をすればBMWのような、グリルとヘッドランプをつなげたデザインを取り込んでいる。
こんなタイミングで従来型Q3の原稿を書かねばならないなんて。でも紹介するのは、日本では2014年8月に追加されたばかりのモデルなので、ニュース性はあると信じて書き進めることにする。

ニューモデルの名は「Q3 1.4 TFSI」。末尾にクワトロの4文字が付かないことで分かるとおり、日本仕様のQ3では初の前輪駆動車になる。他のQ3は「RS」を除き、すべて2リッターターボエンジンを積んでいたから、その点でも異なる。 
価格は390万円。4WDのクワトロはエンジンが2リッターになるので比較しにくいけれど、170ps仕様が446万円、211ps仕様は518万円する。似たような車格の「A3スポーツバック」では、1.4リッターのシリンダーオンデマンドを装備した前輪駆動車と、1.8クワトロの中間になる。

なぜここへきてQ3に前輪駆動モデルが追加されたのか。消費税アップで販売が伸び悩んでいるから、ではない。2014年度上半期の販売台数で見ると、多くの輸入車ブランドが前年同期比で台数を落としているのに、アウディは3.9%増加している。それ以外の理由が大きそうだ。

「アウディQ3」のエントリーグレードとして2014年8月に登場した「1.4 TFSI」。日本仕様のQ3としては初のFF車、1.4リッターエンジン搭載車となる。
「アウディQ3」のエントリーグレードとして2014年8月に登場した「1.4 TFSI」。日本仕様のQ3としては初のFF車、1.4リッターエンジン搭載車となる。
インテリアは黒の内装色にモノメタリックの加飾パネルの組み合わせ。オプションで、黒や茶の本革シート、木目調の加飾パネルなどが用意される。
インテリアは黒の内装色にモノメタリックの加飾パネルの組み合わせ。オプションで、黒や茶の本革シート、木目調の加飾パネルなどが用意される。
HDDナビやオーディオなどの機能をひとまとめにしたインフォテインメントシステムは「1.4 TFSI」ではオプション扱い。「A3」などのシステムとは違い、タッチパッド付きのダイヤル式コントローラーは備わらない。
HDDナビやオーディオなどの機能をひとまとめにしたインフォテインメントシステムは「1.4 TFSI」ではオプション扱い。「A3」などのシステムとは違い、タッチパッド付きのダイヤル式コントローラーは備わらない。
ボディーカラーは全8色の設定だが、取材車に採用されていた「コルティナホワイト」以外の7色は、いずれも有償オプションとなっている。
ボディーカラーは全8色の設定だが、取材車に採用されていた「コルティナホワイト」以外の7色は、いずれも有償オプションとなっている。
関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
ホームへ戻る