アウディQ3 1.4 TFSI(FF/6AT)

穏やかなアウディ 2014.11.27 試乗記 「アウディQ3」に1.4リッターターボエンジンを搭載したFFモデル「1.4 TFSI」が登場。日本初導入となる“非クワトロ”のQ3に託された役割とは? 走りの実力とともにリポートする。

日本ではシリーズ初の前輪駆動

試乗を終え、さあ原稿を書こうかというときに、衝撃のニュースが飛び込んできた。アウディQ3が本国でマイナーチェンジを受けたのだ。しかもその顔は、良く言えば次世代のアウディのファミリーフェイスを予感させるような、うがった見方をすればBMWのような、グリルとヘッドランプをつなげたデザインを取り込んでいる。
こんなタイミングで従来型Q3の原稿を書かねばならないなんて。でも紹介するのは、日本では2014年8月に追加されたばかりのモデルなので、ニュース性はあると信じて書き進めることにする。

ニューモデルの名は「Q3 1.4 TFSI」。末尾にクワトロの4文字が付かないことで分かるとおり、日本仕様のQ3では初の前輪駆動車になる。他のQ3は「RS」を除き、すべて2リッターターボエンジンを積んでいたから、その点でも異なる。 
価格は390万円。4WDのクワトロはエンジンが2リッターになるので比較しにくいけれど、170ps仕様が446万円、211ps仕様は518万円する。似たような車格の「A3スポーツバック」では、1.4リッターのシリンダーオンデマンドを装備した前輪駆動車と、1.8クワトロの中間になる。

なぜここへきてQ3に前輪駆動モデルが追加されたのか。消費税アップで販売が伸び悩んでいるから、ではない。2014年度上半期の販売台数で見ると、多くの輸入車ブランドが前年同期比で台数を落としているのに、アウディは3.9%増加している。それ以外の理由が大きそうだ。

「アウディQ3」のエントリーグレードとして2014年8月に登場した「1.4 TFSI」。日本仕様のQ3としては初のFF車、1.4リッターエンジン搭載車となる。
「アウディQ3」のエントリーグレードとして2014年8月に登場した「1.4 TFSI」。日本仕様のQ3としては初のFF車、1.4リッターエンジン搭載車となる。
インテリアは黒の内装色にモノメタリックの加飾パネルの組み合わせ。オプションで、黒や茶の本革シート、木目調の加飾パネルなどが用意される。
インテリアは黒の内装色にモノメタリックの加飾パネルの組み合わせ。オプションで、黒や茶の本革シート、木目調の加飾パネルなどが用意される。
HDDナビやオーディオなどの機能をひとまとめにしたインフォテインメントシステムは「1.4 TFSI」ではオプション扱い。「A3」などのシステムとは違い、タッチパッド付きのダイヤル式コントローラーは備わらない。
HDDナビやオーディオなどの機能をひとまとめにしたインフォテインメントシステムは「1.4 TFSI」ではオプション扱い。「A3」などのシステムとは違い、タッチパッド付きのダイヤル式コントローラーは備わらない。
ボディーカラーは全8色の設定だが、取材車に採用されていた「コルティナホワイト」以外の7色は、いずれも有償オプションとなっている。
ボディーカラーは全8色の設定だが、取材車に採用されていた「コルティナホワイト」以外の7色は、いずれも有償オプションとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る