GMがキャデラックATS-Vの日本導入を計画

2014.11.20 自動車ニュース
「キャデラックATS-Vセダン」
「キャデラックATS-Vセダン」

GMが「キャデラックATS-V」の日本導入を計画

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年11月19日、ロサンゼルスオートショー(開催期間:11月18日~30日、一般公開は21日から)で公開された「キャデラックATS-V」について、日本にも導入する予定であると発表した。

「ATS-Vセダン」のインテリア。
「ATS-Vセダン」のインテリア。
「ATS-Vクーペ」
「ATS-Vクーペ」

キャデラックATS-Vは、同ブランドのスポーツセダン/クーペ「ATS」の高性能バージョンである。キャデラックはこれまでにも「STS」や「CTS」などに「Vシリーズ」と呼ばれる高性能モデルを設定しており、日本でも「STS-V」「XLR-V」「CTS-V」の3モデルを販売していた。

今回のATS-Vは、パワーユニットに最高出力455hp(339kW)、最大トルク61.5kgm(603Nm)を発生する3.6リッターV6ツインターボエンジンを採用。トランスミッションは6段MTと8段ATの2種類で、0-60mph(約96km/h)加速は3.9秒、最高速は185mph(約298km/h)を掲げている(いずれも本国仕様)。ボディータイプはセダンとクーペの両方を用意している。

なお、日本仕様の詳細なスペックや導入時期については、後日発表を予定している。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • GM、「キャデラックATS」など一部モデルの価格と装備を変更 2017.1.5 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「キャデラックATSセダン/クーペ」と「キャデラックATS-V/CTS-V」の装備を変更するとともに、一部グレードの価格を、2017年1月6日に改定すると発表した。
ホームへ戻る