GMがキャデラックATS-Vの日本導入を計画

2014.11.20 自動車ニュース
「キャデラックATS-Vセダン」
「キャデラックATS-Vセダン」

GMが「キャデラックATS-V」の日本導入を計画

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年11月19日、ロサンゼルスオートショー(開催期間:11月18日~30日、一般公開は21日から)で公開された「キャデラックATS-V」について、日本にも導入する予定であると発表した。

「ATS-Vセダン」のインテリア。
「ATS-Vセダン」のインテリア。
「ATS-Vクーペ」
「ATS-Vクーペ」

キャデラックATS-Vは、同ブランドのスポーツセダン/クーペ「ATS」の高性能バージョンである。キャデラックはこれまでにも「STS」や「CTS」などに「Vシリーズ」と呼ばれる高性能モデルを設定しており、日本でも「STS-V」「XLR-V」「CTS-V」の3モデルを販売していた。

今回のATS-Vは、パワーユニットに最高出力455hp(339kW)、最大トルク61.5kgm(603Nm)を発生する3.6リッターV6ツインターボエンジンを採用。トランスミッションは6段MTと8段ATの2種類で、0-60mph(約96km/h)加速は3.9秒、最高速は185mph(約298km/h)を掲げている(いずれも本国仕様)。ボディータイプはセダンとクーペの両方を用意している。

なお、日本仕様の詳細なスペックや導入時期については、後日発表を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
ATSセダンキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
ホームへ戻る