三菱がデリカバンを一部改良、荷室容量を拡大

2014.11.21 自動車ニュース
「三菱デリカバンGX」
「三菱デリカバンGX」

三菱が「デリカバン」を一部改良、荷室容量を拡大

三菱自動車は2014年11月20日、「デリカバン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

デリカバンは、三菱が日産自動車からOEM供給を受けて販売している商用ワンボックスであり、「日産NV200バネット バン」の兄弟車にあたる。

今回、上級グレードである「GX」のシートにブラックの生地を採用。またセカンドシートをバン専用シートに変更することで、シート収納時の荷室長を230mm伸ばし、積載容量を拡大した。

価格は以下の通り。
・DX(5MT):174万4200円
・DX(4AT):180万9000円
・GX(4AT):199万5840円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。