新型セダン「スズキ・アリビオ」広州でデビュー【広州ショー2014】

2014.11.21 自動車ニュース
新型車「スズキ・アリビオ」とスズキの鈴木俊宏副社長。
新型車「スズキ・アリビオ」とスズキの鈴木俊宏副社長。

【広州ショー2014】スズキ、新型セダンを中国市場に投入

スズキは、2014年11月20日に開幕した広州モーターショー(開催期間:11月20日~29日、一般公開は21日から)にCセグメントセダン「ALIVIO(アリビオ)」(中国名:啓悦)を出品し、同年12月に販売を開始すると発表した。

Cセグメントセダンの「アリビオ」。中国では「啓悦(チーユエ)」という車名で販売される。
Cセグメントセダンの「アリビオ」。中国では「啓悦(チーユエ)」という車名で販売される。

アリビオは2014年4月の北京モーターショーに出品されたコンセプトモデル「Concept ALIVIO」をベースとした量産モデルであり、インドでは「CIAZ(シアズ)」の名で生産、販売されている。

「上質でスポーティーなデザイン」に仕上げたというボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4545×1730×1475mm。パワーユニットは1.6リッターガソリンエンジンで、トランスミッションは5段MTもしくは新開発の6段ATが組み合わされる。

生産は中国の合弁企業である重慶長安鈴木汽車有限公司が行い、同年11月24日より先行予約受付を開始。12月より順次発売される予定。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。