アウディが次世代コンセプトモデルを公開【LAショー2014】

2014.11.21 自動車ニュース
「アウディ・プロローグ」
「アウディ・プロローグ」

【LAショー2014】アウディが次世代コンセプトモデルを公開

独アウディは2014年11月19日、ロサンゼルスオートショーにおいて、コンセプトモデル「Audi prologue(アウディ・プロローグ)」を発表した。

アウディ・プロローグは、アウディブランドの“新しいスタイリングの方向性”を示すコンセプトモデル。乗車定員4人の大型2ドアクーペである。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=5.10×1.95×1.39m(ホイールベースは2.94m)。シャープなエッジやキャラクターライン、マトリックスレーザー技術を用いたヘッドランプ、ノブを持たない電気開閉式のドア、3Dガラスを使用したLEDリアランプ、22インチの大径ホイールなどが、エクステリアの特徴となっている。

インテリアは、水平基調のインストゥルメントパネルと、前後方向にフラットに伸びるセンターコンソールで構成される。乗員が車内にアクセスすると、「バトラー」と呼ばれるスマートウェアプログラムが、各人の携帯するスマートフォンを認識。自動的に最適なシートポジションや空調を提供するとともに、好みの音楽やルートプランも提案するという。逆に、スマートフォンから車両のインフォテインメントシステムを操作することもできる。
2座の後席はバケットタイプ。乗員不在の時はヘッドレストが下がり、乗り込む際には自動的にせり上がる。

パワーユニットは605psと71.4kgm(700Nm)を発生する4リッターV8ツインターボエンジン。ベルトスターター発電機を使ったマイルドハイブリッドシステムも備わっており、ドライバーが望めば、最大トルクを76.5kgm(750Nm)にまで高める「オーバーブーストモードを、15秒間限定で使うことができる。
トランスミッションは、バイワイヤ式の8段ティプトロニック。駆動方式は4WDで、リアホイールを最大5度ステアさせられる“全輪操舵(そうだ)”機構も備わる。車重は1980kgと重量級ながら、0-100km/h加速は3.7秒でこなすという。
燃費は、11.3~5.9リッター/100km(約8.8~16.9km/リッター)と伝えられる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。