第87回:今度は極道が敵! インドネシア発新感覚アクション
『ザ・レイド GOKUDO』

2014.11.21 エッセイ

シラット格闘映画の第2作

この映画の話をするには、まずは前作のことに触れなければならない。2012年に公開された『ザ・レイド』は、アクション映画のファンと製作者に衝撃を与えた。なるほど、この手があったか! と、一様に膝をたたいたのだ。101分の上映時間の中で、9割以上が格闘シーンである。まどろっこしい説明を省き、純度の高いアクションを目いっぱい詰め込んだ割り切りの良さに目を開かされた。

製作されたのは、ハリウッドでも香港でもなく、インドネシアである。誰もマークしていなかった国から、新鮮な感覚の暴力描写が現れたのだ。マンネリに陥りつつあったアクション映画に、東南アジアで作られた作品が痛烈な一撃を与えた。

インドネシアのある街で、警察特殊部隊に奇襲作戦が命じられる。犯罪の拠点となっているビルに突入し、麻薬王を逮捕するのが使命だ。30階建てのビルの1階から入り、最上階にいる親玉にたどり着かねばならない。下の階には手下が待ち構えていて、ワンフロアずつ片付けて上っていくのだ。まさにロールプレーイングゲームのダンジョンがそのまま映画の構造になっている。シンプルなアイデアだが、アクションのバリエーションを見せるには、これほど適した方法はない。上に行くにつれ、敵の戦闘能力は上がっていく。

特殊部隊には新米警官のラマという男がいて、仲間が倒される中、彼がずばぬけた身体能力を発揮して麻薬王を追い詰める。演じているのはジャカルタ生まれのイコ・ウワイスで、素晴らしい存在感を見せる。もともと俳優ではなく、5歳から格闘技を始めてプロになった。彼が学んだのは、東南アジア一帯で盛んな武術のシラットである。日本では、岡田准一がこの武術の使い手なのが知られている。

(C)2013 PT Merantau Films
(C)2013 PT Merantau Films

第87回:今度は極道が敵! インドネシア発新感覚アクション『ザ・レイド GOKUDO』の画像

第87回:今度は極道が敵! インドネシア発新感覚アクション『ザ・レイド GOKUDO』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。