ジャガーFタイプ クーペに4WDと6MTが登場

2014.11.21 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ R クーペ AWD」
「ジャガーFタイプ R クーペ AWD」

「ジャガーFタイプ クーペ」に4WDと6MTが登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年11月20日、2シータースポーツカー「Fタイプ」の2016年モデルを発表。同日に受注を開始した。

「Fタイプ S クーペ」(6MT)のインテリア。
「Fタイプ S クーペ」(6MT)のインテリア。

ジャガーFタイプはこれまでFR車に限られていたが、2016年モデルでは、新たに4WD車「Fタイプ R クーペ AWD」がラインナップされる。
このモデルには、ジャガーが開発したセントラル・トランスファーボックス・クラッチとフロント・ディファレンシャルで構成される「インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)」が搭載されており、オーバーステアやアンダーステアを感知すると、前後輪に適切なトルク配分が行われる。

さらに、従来の8段AT車に加えて、6段MT車「Fタイプ S クーペ」も選べるようになった。

車型はこれまで通り、クローズドボディーとコンバーチブルの2種類がラインナップされるが、後者のコンバーチブルには、4WD車や6段MT車は用意されない。
また、「S コンバーチブル」はカタログ落ち。オープンモデルは「コンバーチブル」と「R コンバーチブル」の2モデルに絞られた。

オプション装備も見直しが図られ、これまでV8エンジンを搭載する“R”モデルだけに設定されていた「トルクベクタリング・バイ・ブレーキ」がV6エンジン搭載モデル「Fタイプ クーペ」「Fタイプ コンバーチブル」「Fタイプ S クーペ」でも選択できるようになったほか、全てのクーペモデルで「カーボンファイバールーフ」がセレクト可能になった。

価格は以下の通り。

・Fタイプ クーペ(8AT):859万円
・Fタイプ S クーペ(6MT):1039万円
・Fタイプ S クーペ(8AT):1088万円
・Fタイプ R クーペ(8AT):1327万円
・Fタイプ R クーペ AWD(8AT):1397万円
・Fタイプ コンバーチブル(8AT):1013万円
・Fタイプ R コンバーチブル(8AT):1481万円

(webCG)

関連キーワード:
Fタイプ クーペジャガーロサンゼルスモーターショー2015自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • 第1回:スポーツカーにはストーリーが必要だ!
    「ジャガーFタイプ」の魅力を考える
    2017.2.16 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る 現代における“ジャガーネス”の源泉ともいえる「Fタイプ」に試乗し、その魅力を考える当連載。今回はジャガースポーツの金字塔ともいえる1960~70年代の「Eタイプ」に思いをはせながら、Fタイプを走らせた。
  • ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入 2017.10.13 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年10月13日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」の2018年モデルを発表し、受注を開始した。2018年モデルでは、“XJ史上最もパワフル”な新グレード「XJR575」をラインナップに追加した。
ホームへ戻る