VWゴルフベースの燃料電池車が登場【LAショー2014】

2014.11.21 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ ハイモーション」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ ハイモーション」

【LAショー2014】フォルクスワーゲンから「ゴルフ」ベースの燃料電池車が登場

独フォルクスワーゲンは2014年11月19日、ロサンゼルスオートショー(開催期間:11月18日~30日、一般公開は21日から)において燃料電池車「ゴルフ ハイモーション」を世界初公開した。

ゴルフ ハイモーションは、水素と酸素の化学反応で発電する、出力100kWの燃料電池システムを搭載したコンセプトモデルである。また、これとは別にリチウムイオンバッテリーも搭載しており、フル加速時には回生ブレーキで得たエネルギーをモーターに供給。これにより0-100km/h加速は10秒という動力性能を実現している。

水素の貯蔵に用いられるのは4本のカーボンファイバー製タンクで、車体の後方に搭載。水素の充てんに要する時間は3分で、一充てんで可能な走行距離は約500kmとなっている。

なお、フォルクスワーゲンは米国製「パサート」をベースにゴルフ ハイモーションと同じシステムを搭載した研究車両を複数台製作。燃料電池車の実用化へ向け、カリフォルニアの公道でテストを実施している。

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンロサンゼルスモーターショー2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る