VWゴルフベースの燃料電池車が登場【LAショー2014】

2014.11.21 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ ハイモーション」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ ハイモーション」

【LAショー2014】フォルクスワーゲンから「ゴルフ」ベースの燃料電池車が登場

独フォルクスワーゲンは2014年11月19日、ロサンゼルスオートショー(開催期間:11月18日~30日、一般公開は21日から)において燃料電池車「ゴルフ ハイモーション」を世界初公開した。

ゴルフ ハイモーションは、水素と酸素の化学反応で発電する、出力100kWの燃料電池システムを搭載したコンセプトモデルである。また、これとは別にリチウムイオンバッテリーも搭載しており、フル加速時には回生ブレーキで得たエネルギーをモーターに供給。これにより0-100km/h加速は10秒という動力性能を実現している。

水素の貯蔵に用いられるのは4本のカーボンファイバー製タンクで、車体の後方に搭載。水素の充てんに要する時間は3分で、一充てんで可能な走行距離は約500kmとなっている。

なお、フォルクスワーゲンは米国製「パサート」をベースにゴルフ ハイモーションと同じシステムを搭載した研究車両を複数台製作。燃料電池車の実用化へ向け、カリフォルニアの公道でテストを実施している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6MT)【試乗記】 2015.10.1 試乗記 280psの高出力エンジンに4WDの駆動方式を組み合わせた「フォルクスワーゲン・ゴルフR」に、6段マニュアルトランスミッション仕様が登場。VWが誇る全天候型ハイパフォーマンスモデルにあえての“人力変速”で乗ることでリポーターが実感したこととは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る