VWゴルフベースの燃料電池車が登場【LAショー2014】

2014.11.21 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ ハイモーション」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ ハイモーション」

【LAショー2014】フォルクスワーゲンから「ゴルフ」ベースの燃料電池車が登場

独フォルクスワーゲンは2014年11月19日、ロサンゼルスオートショー(開催期間:11月18日~30日、一般公開は21日から)において燃料電池車「ゴルフ ハイモーション」を世界初公開した。

ゴルフ ハイモーションは、水素と酸素の化学反応で発電する、出力100kWの燃料電池システムを搭載したコンセプトモデルである。また、これとは別にリチウムイオンバッテリーも搭載しており、フル加速時には回生ブレーキで得たエネルギーをモーターに供給。これにより0-100km/h加速は10秒という動力性能を実現している。

水素の貯蔵に用いられるのは4本のカーボンファイバー製タンクで、車体の後方に搭載。水素の充てんに要する時間は3分で、一充てんで可能な走行距離は約500kmとなっている。

なお、フォルクスワーゲンは米国製「パサート」をベースにゴルフ ハイモーションと同じシステムを搭載した研究車両を複数台製作。燃料電池車の実用化へ向け、カリフォルニアの公道でテストを実施している。

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンロサンゼルスモーターショー2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
ホームへ戻る