スバル・フォレスターtS(4WD/CVT)

スッキリさわやか 2014.11.25 試乗記 ミドルサイズSUV「フォレスター」に、スバルのモータースポーツ活動を担うSTIが手がけた「tS」が登場。300台の台数限定で販売されるコンプリートカーの実力を試す。

乗ればすぐわかる素性のよさ

スバルのミドルサイズSUVであるフォレスター。そのワークス・チューンド・コンプリートカー「スバル・フォレスターtS」に試乗した。tSとはチューンド・バイ・STIの意味で、同社はこれまでに「レガシィ」や「BRZ」、インプレッサ時代の「WRX」などでこれを発表している。

今回の試乗には、ちょっとした緊張感と不安を抱いていた。それは、先日『webCG』で「スバルWRX STI」に試乗したことが理由である。「またあの味付けだったらどうしよう……」と思ったのだ。しかも今回は、背の高いSUVが相手。「快適性と運動性能の両立を図りました」という最近はやりの決まり文句を掲げたあげく、はやりのダンパーセッティングで操縦走安性の定まらない乗り味になっていたら……と心配したのだ。

しかしフォレスター tSは、そんな思いをひらりとかわす、さわやかな乗り味を備えていた。試乗会場を出るとき、ちょっとした段差の衝撃を“トトン”とバネ下で減衰させた感触からして既に、その素性のよさは見て取れた。
実際タウンスピードでの身のこなしは軽快だった。SUV特有の高い重心高によるふらつき感やロールを上手に抑えつつ、ステアリングを切ればスッと自然に応答する。また俊敏な割に乗り心地は良く(というか、いたって普通)、バネ下におけるタイヤのバタツキ感や、路面からの突き上げ感もほとんどない。

高速走行に転じても、その味わいが消え去ることはない。大地にどっしりと根を下ろす“スタビリティーの塊”的な乗り味ではないが、どこまでもストレスフリーに突き進み、“気付いてみればとっても安全”的なファミリードライブが楽しめる。ちなみにこのtSには「アイサイト」も標準装備である。

インテリアでは、カーボンやピアノブラック調、クロムメッキの加飾によってスポーティーさを演出している。
インテリアでは、カーボンやピアノブラック調、クロムメッキの加飾によってスポーティーさを演出している。
「tS」は外観デザインでも標準モデルとの差別化を図っており、フロントまわりでは、チェリーレッドのアクセントが入ったブラックグリルやSTI製フロントスポイラーなどが個性を主張する。
「tS」は外観デザインでも標準モデルとの差別化を図っており、フロントまわりでは、チェリーレッドのアクセントが入ったブラックグリルやSTI製フロントスポイラーなどが個性を主張する。
STI製のアンダースポイラー。マフラーには専用の大径マフラーカッターを装着している。
STI製のアンダースポイラー。マフラーには専用の大径マフラーカッターを装着している。
全車標準装備となる運転支援システムの「アイサイト(ver.2)」。「tS」の足まわりに合わせ、標準車のものから制御が変更されている。
全車標準装備となる運転支援システムの「アイサイト(ver.2)」。「tS」の足まわりに合わせ、標準車のものから制御が変更されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る