スバル・フォレスターtS(4WD/CVT)

スッキリさわやか 2014.11.25 試乗記 ミドルサイズSUV「フォレスター」に、スバルのモータースポーツ活動を担うSTIが手がけた「tS」が登場。300台の台数限定で販売されるコンプリートカーの実力を試す。

乗ればすぐわかる素性のよさ

スバルのミドルサイズSUVであるフォレスター。そのワークス・チューンド・コンプリートカー「スバル・フォレスターtS」に試乗した。tSとはチューンド・バイ・STIの意味で、同社はこれまでに「レガシィ」や「BRZ」、インプレッサ時代の「WRX」などでこれを発表している。

今回の試乗には、ちょっとした緊張感と不安を抱いていた。それは、先日『webCG』で「スバルWRX STI」に試乗したことが理由である。「またあの味付けだったらどうしよう……」と思ったのだ。しかも今回は、背の高いSUVが相手。「快適性と運動性能の両立を図りました」という最近はやりの決まり文句を掲げたあげく、はやりのダンパーセッティングで操縦走安性の定まらない乗り味になっていたら……と心配したのだ。

しかしフォレスター tSは、そんな思いをひらりとかわす、さわやかな乗り味を備えていた。試乗会場を出るとき、ちょっとした段差の衝撃を“トトン”とバネ下で減衰させた感触からして既に、その素性のよさは見て取れた。
実際タウンスピードでの身のこなしは軽快だった。SUV特有の高い重心高によるふらつき感やロールを上手に抑えつつ、ステアリングを切ればスッと自然に応答する。また俊敏な割に乗り心地は良く(というか、いたって普通)、バネ下におけるタイヤのバタツキ感や、路面からの突き上げ感もほとんどない。

高速走行に転じても、その味わいが消え去ることはない。大地にどっしりと根を下ろす“スタビリティーの塊”的な乗り味ではないが、どこまでもストレスフリーに突き進み、“気付いてみればとっても安全”的なファミリードライブが楽しめる。ちなみにこのtSには「アイサイト」も標準装備である。

インテリアでは、カーボンやピアノブラック調、クロムメッキの加飾によってスポーティーさを演出している。
インテリアでは、カーボンやピアノブラック調、クロムメッキの加飾によってスポーティーさを演出している。
「tS」は外観デザインでも標準モデルとの差別化を図っており、フロントまわりでは、チェリーレッドのアクセントが入ったブラックグリルやSTI製フロントスポイラーなどが個性を主張する。
「tS」は外観デザインでも標準モデルとの差別化を図っており、フロントまわりでは、チェリーレッドのアクセントが入ったブラックグリルやSTI製フロントスポイラーなどが個性を主張する。
STI製のアンダースポイラー。マフラーには専用の大径マフラーカッターを装着している。
STI製のアンダースポイラー。マフラーには専用の大径マフラーカッターを装着している。
全車標準装備となる運転支援システムの「アイサイト(ver.2)」。「tS」の足まわりに合わせ、標準車のものから制御が変更されている。
全車標準装備となる運転支援システムの「アイサイト(ver.2)」。「tS」の足まわりに合わせ、標準車のものから制御が変更されている。
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • オーテックから「セレナ」ベースの特別仕様車が登場 2017.5.25 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2017年5月24日、ミニバン「セレナ」の「ライダー」および「ステップタイプ」に、特別仕様車「Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。
  • 「日産セレナ」の特別仕様車「Vセレクション」登場 2017.5.25 自動車ニュース 日産自動車は2017年5月24日、「セレナ」に特別仕様車「X Vセレクション」、「ハイウェイスター Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】NEW 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る