トヨタ・エスクァイアGi 7人乗り(FF/CVT)/エスクァイア ハイブリッドGi 7人乗り(FF/CVT)

バットマンは悩まない 2014.11.28 試乗記 「いままでになかった上質感・高級感を追求した」という、トヨタの5ナンバーミニバン「エスクァイア」。では、どこがどう新しいのか? ガソリンエンジン車とハイブリッド車、2つのタイプで確かめた。

コンセプトは上質感と高級感

エスクァイアは新たにデビューした5ナンバーサイズのミニバンなのだが、走りや使い勝手についてはすでに10カ月も前に『webCG』に紹介されている。基本的な作りは、「ノア」「ヴォクシー」とまったく同じなのだ。3番目の兄弟車である。ならば紹介する意味が薄いのかというと、そんなことはない。むしろ、ミニバンの世界に大きな変革をもたらす可能性を秘めたモデルだ。

日本の乗用車市場は、軽自動車、コンパクトカー、そしてこの5ナンバーミニバンが主要な車種となっている。子育て世代のファミリーにとって、コンパクトなサイズで7人ないし8人が乗車でき、スライドドアで使い勝手のいいクルマが支持されるのは当然だろう。ノアとヴォクシーのほかに、「日産セレナ」と「ホンダ・ステップワゴン」が激しい販売競争を繰り広げてきた。トヨタだけが2種類のモデルを提供してきたが、そこにもうひとつ選択肢が加わることになる。

ノアは穏やかな顔つきのデザインで、ヴォクシーはちょっとワルそうないかつい顔をしている。内装のイメージも違い、はっきりとしたすみ分けを意図していることがわかる。ユーザーの好みに合わせて2モデルを用意しているのだから、取りこぼしは少ないはずだ。しかし、それだけでは足りないとトヨタは考えたようである。

エスクァイアのコンセプトは、上質感と高級感だ。これまでノア/ヴォクシーに乗っていたユーザーが子育てを終えた後も、ミニバンの使い勝手から離れられないケースは多いだろう。その層に向けて、所有欲を満足させる仕様のモデルを提供するというのは、理にかなっている。同じ形のクルマなのに、明らかにランクが上という雰囲気を作り上げてきたところはさすがの手だれだ。

「トヨタ・エスクァイア」は、先行して発売された「ノア/ヴォクシー」をベースに開発された新型ミニバン。2014年10月末に発売された。
ミニバンのキモとなる2列目シート。写真は8人乗り仕様のベンチタイプで、チップアップ&スライド機能が備わる。1400mmの室内高に代表される、中の広さもセリングポイント。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
2014年1月にデビューした、3代目の「ノア」(写真右)と「ヴォクシー」(同左)。フロントのデザインをはじめ、異なる個性が与えられた兄弟ミニバンである。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクァイアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る