「Honda Racing THANKS DAY 2014」開催

2014.11.25 自動車ニュース
イベントに参加したホンダのドライバー、ライダー、そしてチーム監督による記念写真。
イベントに参加したホンダのドライバー、ライダー、そしてチーム監督による記念写真。

「Honda Racing THANKS DAY 2014」開催

2014年11月23日、ホンダによる恒例のファン感謝イベント「Honda Racing THANKS DAY 2014」が栃木県のツインリンクもてぎで開催された。

SUPER GT現役マシン「NSX CONCEPT-GT」と「CR-Z GT」によるスペシャルレース。予選では「Epson NSX CONCEPT-GT」がトップタイムをマークした。
SUPER GT現役マシン「NSX CONCEPT-GT」と「CR-Z GT」によるスペシャルレース。予選では「Epson NSX CONCEPT-GT」がトップタイムをマークした。
笑顔でファンを迎える、ツインリンクもてぎ エンジェル。
笑顔でファンを迎える、ツインリンクもてぎ エンジェル。
現役ドライバーに加え、高橋国光さん、中嶋 悟さんが参加した「N-ONE OWNER'S CUPエキシビションレース」。
現役ドライバーに加え、高橋国光さん、中嶋 悟さんが参加した「N-ONE OWNER'S CUPエキシビションレース」。
ホンダコレクションホールから引っ張り出された「マクラーレンMP4/4」と「MP4/6」。エンジン始動の瞬間を待つファンたち。
ホンダコレクションホールから引っ張り出された「マクラーレンMP4/4」と「MP4/6」。エンジン始動の瞬間を待つファンたち。
スタンドのファンから熱い視線が注がれた「マクラーレンMP4/4」と「MP4/6」。
スタンドのファンから熱い視線が注がれた「マクラーレンMP4/4」と「MP4/6」。

■一番人気はあのマシン

今年最後の連休の中日、好天に恵まれたツインリンクもてぎに、ホンダのマシンを駆るドライバーとライダー、そして1万3000人のファンが集まった。

イベントではホンダのドライバー/ライダーたちが、今季活躍したSUPER GTやスーパーフォーミュラ、ロードレースなどのマシンを使ってさまざまなパフォーマンスを見せるほか、トークショーやエキシビションレースなどにより、ファンを楽しませてくれる。

会場となったツインリンクもてぎでは、グランドスタンドとレーシングコースのメインストレートとのあいだに仮設の「ビクトリースタンド」が用意され、これまで以上に間近で迫力あるパフォーマンスが見られるのも、ファンにとってはうれしいニュースだ。

この日はプログラムが朝からめじろ押し。レーシングコースでは2013年まで活躍したSUPER GTマシン「HSV-010 GT」の同乗体験走行から始まり、SUPER GT現役マシン「NSX CONCEPT-GT」と「CR-Z GT」によるスペシャルレース、全日本ロードレース選手権で活躍するマシンのスペシャルランなど、コースから目が離せない状況。さらに、「N-ONE」のワンメイクレース車両を使ったエキシビションレースには現役ドライバーに混じり、高橋国光さんや中嶋 悟さんが参加。フロントローからスタートしたお二人を、インディカー・シリーズで活躍する佐藤琢磨選手が大人げなくパスするパフォーマンスが観客の笑いを誘う。

そんな中、観客の視線をくぎ付けにしたのが、ホンダコレクションホール所蔵の「マクラーレンMP4/4」(1988)と「MP4/6」(1991)によるデモンストレーション走行。MP4/4には佐藤琢磨選手が、MP4/6には塚越広大選手が乗り、午前と午後の各1回、レーシングコースに迫力あるサウンドを響かせた。メンテナンスが行われていたホンダコレクションホールのピットにも常に大勢のファンが押し寄せ、ホンダにとってもファンにとってもF1の栄光が大きな財産であることがうかがえる。

2015年にはパワーユニットサプライヤーとしてF1に復帰するホンダ。果たしてファンの期待に応えることができるのか、また、来年の「Honda Racing THANKS DAY」ではどんな報告をしてくれるのか、2015年も彼らの活躍から目が離せない。

(文と写真=生方 聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。