STIチューンの「スバル・フォレスター」登場

2014.11.25 自動車ニュース
「スバル・フォレスターtS」
「スバル・フォレスターtS」

STIチューンの「スバル・フォレスター」登場

富士重工業のモータースポーツ活動や高性能モデルの開発を担うスバルテクニカインターナショナル(以下、STI)は2014年11月25日、「スバル・フォレスター」をベースに独自のチューニングを施した「フォレスターtS」を発売した。

スバル・フォレスターtSは、オンロードでの運動性能や乗り心地を重視したSTIのコンプリートカーである。

ベースとなったのは最高出力280psを発生するターボエンジン搭載車で、操舵(そうだ)に対する遅れのない車両応答性とリニア感、優れた走行安定性と危険回避性能、フラットでしなやかな乗り心地などを実現するため、シャシーやサスペンション、ブレーキなどに独自の仕様・装備を採用している。

具体的な装備の内容は以下の通り。

STI製フレキシブルタワーバー
STI製フレキシブルタワーバー
ブレンボ製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ(STIロゴ入り)
ブレンボ製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ(STIロゴ入り)

足まわり・メカニズム
・STI製倒立式フロントストラット&コイルスプリング
・STI製リアダンパー&コイルスプリング
・BBS製鍛造アルミホイール(7.5J×19インチ、シルバー)
・245/45R19 98Yタイヤ(ブリヂストン・トランザER33)
・STI製フレキシブルタワーバー
・STI製フレキシブルドロースティフナーフロント、同リア
・STI製フレキシブルサポートサブフレームリア
・ブレンボ製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ(STIロゴ入り)
・ブレンボ製17インチ対向2ポットリアベンチレーションディスクブレーキ(STIロゴ入り)
・専用ECU(エンジンコントロールユニット)
・専用TCU(専用トランスミッションコントロールユニット)
・CVTオイルクーラー

「フォレスターtS」の運転席まわり。
「フォレスターtS」の運転席まわり。
本革とスエードのコンビネーションシート。
本革とスエードのコンビネーションシート。

内装
・専用スポーツルミネセントメーター(STIロゴ入り、260km/h表示)
・専用マルチファンクションディスプレイ
・インパネセンターバイザー(レザー調素材巻き)
・専用高級本革巻きステアリングホイール(高感触革、STIオーナメント入り、レッドステッチ)
・STI製本革巻きシフトレバー(STIロゴ入り)
・STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
・専用フロントシート(ブラックパンチングウルトラスエード/本革<ブラック>、STIロゴ刺しゅう、レッドステッチ、レッドアクセント)
・専用リアシート(ブラックパンチングウルトラスエード/本革<ブラック>、STIロゴ刺しゅう、レッドステッチ、レッドアクセント)
・専用サイドシルプレート(STIロゴ入り)
・カーボン調インパネパネル、シルバーダイヤル&ピアノブラック調エアコンスイッチ(レッドベゼル付き)、クロムメッキ加飾付きパワーウィンドウスイッチ、ブラックインテリア(ドアトリム、アームレスト、ドアグリップ、ピラートリム、ルーフトリムなど)

STI製フロントスポイラー
STI製フロントスポイラー
STI製リアアンダースポイラー
STI製リアアンダースポイラー

外装
・STI製フロントスポイラー
・STI製リアアンダースポイラー
・専用STIオーナメント(フロント、リア)
・専用tSオーナメント(サイド、リア)
・リアバンパーチェリーレッドピンストライプ
・専用大径マフラーカッター
・専用ブラックフロントグリル(チェリーレッドピンストライプ付き)
・金属調シルバーフロントフォグランプベゼル、同サイドグラッディングモール
・ブラックルーフスポイラー、ブラックドアミラー、ブラックサイドウィンドウモール

専用色の「WRブルー・マイカ」は、2015年2月8日受注分までの限定となる。
専用色の「WRブルー・マイカ」は、2015年2月8日受注分までの限定となる。

安全装備
・専用EyeSight(ver.2)
・専用VDC(ビークルダイナミクスコントロール)

価格は435万円で、販売は生産台数が300台、受注期間が2015年4月5日までの限定で行われる。ボディーカラーは「クリスタルホワイト・パール」「アイスシルバー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」に、専用色の「WRブルー・マイカ」を含めた全4色。このうち、WRブルー・マイカのみ、2015年2月8日受注分までの期間限定での設定となる。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る