MINIクーパーSD クロスオーバー(FF/6AT)

ディーゼルにも刺激を! 2014.12.01 試乗記 この秋、MINIの4ドアSUVモデル「クロスオーバー」に2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車が加わった。MINIの走りの特徴であるゴーカートフィーリングは守られたのか、それとも……。パワー違いで2機種設定されるうち、パワフルな「クーパーSD」の方に試乗した。

ふたつの「らしさ」

MINIのドライビングキャラクターを説明するのによく使われる“ゴーカートフィーリング”という言葉。これには、ふたつの意味が込められているような気がする。

ひとつは、まさしくゴーカートのように、ロールすることなく素早くパキッとコーナリングするさま。このキビキビ感こそがMINIの真骨頂と思っている人は少なくないだろう。きっと、1964年モンテカルロラリーを制したパディ・ホプカークのオリジナルMINIもそんな身のこなしをしていたはずだし、この流れは2001年にデビューした初代ニューMINI(なんか変な言葉だ)にも2代目ニューMINIにもしっかりと受け継がれていた。というわけで、MINIがもつ若々しいイメージにもぴったりのこのハンドリングは、いまも昔もMINIのコアバリューのひとつになっていると思う。

もうひとつの特色は、エンジンの音やサスペンションからの振動などが比較的ダイレクトに伝わってくる点。これもゴーカートフィーリングという言葉からただちに推測されるものだし、現代のMINIにも確実に引き継がれている、一種のDNAともいえるものだ。この手の音、振動、そして乗り心地のハーシュネスをひとまとめにしてNVHなんて呼んだりするけれど、新型車のNVHをいかに押さえ込むかに腐心しているほかのメーカーを尻目に、MINIだけはこれをある種の演出として利用しているような気がしなくもない。いや、間違いなくそうだろう。なにしろBMWの力をもってすれば、いまのMINI以上に静かに、滑らかで、快適な乗り心地にするなんてきっと簡単なこと。でも、それでは「MINIらしさ」が失われると考えて、あえてNVHを残している。それによってドライバーに自動車を操っている強い実感を与え、ビビッドな感覚を呼び覚ますことを狙っていると、私は常々考えていたのである。

だから、これまでのMINIは間違いなく若者向けのクルマだったし、若者と同じ気持ちを持つ大人のためのクルマだったといっても過言ではないだろう。

「クーパーD」が112psで、「クーパーSD」が143ps。AWDの「ALL4」仕様は前者にのみ設定される。
「クーパーD」が112psで、「クーパーSD」が143ps。AWDの「ALL4」仕様は前者にのみ設定される。
大きなスピードメーターを中央に据えた特徴的なインパネ。メーターの文字盤が白から黒系のアンスラサイト(「無煙炭」の意)に変更された。
大きなスピードメーターを中央に据えた特徴的なインパネ。メーターの文字盤が白から黒系のアンスラサイト(「無煙炭」の意)に変更された。
「クーパーSD クロスオーバー」ではスポーツシートが標準。試乗車にはレザーの「グラビティ」シートが装着されていた。
「クーパーSD クロスオーバー」ではスポーツシートが標準。試乗車にはレザーの「グラビティ」シートが装着されていた。
サイドシルのプレートには「COOPER S」と記される。
サイドシルのプレートには「COOPER S」と記される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • 話題のPHEVも設定、新型「MINIクロスオーバー」登場 2017.2.23 自動車ニュース BMWジャパンが新型「MINIクロスオーバー」を発売。初代より一回り大きくなったボディーが特徴で、パワープラントにはMINI最新のディーゼルエンジンと8ATを採用。またブランド初となるプラグインハイブリッド車も設定されている。
ホームへ戻る