「日産GT-R」が2015年モデルに進化

2014.11.25 自動車ニュース
「日産GT-R」(2015年モデル)
「日産GT-R」(2015年モデル)
    拡大

「日産GT-R」が2015年モデルに進化

日産自動車は2014年11月25日、「GT-R」の2015年モデルを発表。同日、販売を開始した。


「日産GT-R」が2015年モデルに進化の画像 拡大

「日産GT-R」が2015年モデルに進化の画像 拡大
「Premium edition」
「Premium edition」
    拡大
「Track edition engineered by nismo」
「Track edition engineered by nismo」
    拡大

2015年モデルの日産GT-Rは、足まわりやパワートレインに改良を施すことで、走行安定性や静粛性、制振性を改善したとうたわれる。

具体的な変更点は以下の通り。

メカニズム
・ショックアブソーバーの減衰力特性の変更やECUの見直しにより、ドライバーの意図しない車両の動きを抑制。コーナリング時にドライバーが狙った通りのラインを走行することを可能とした。同時に、荒れた路面などでの修正舵(だ)を減少させることで、安心感のある走りを実現した。

・路面追従性を向上させるとともに、わだちなどでハンドルがとられにくくするために、タイヤの材質や内部構造を変更。さらに、路面から受ける力を吸収させることで、乗り心地を改善した。

・ブレーキパッドおよびパッドとピストンの間のシムの形状変更により、ブレーキのコントロール性を改善。同時に、不快な音を低減した。

・ステアリング・ダイナミック・ダンパーの設定を最適化し、アイドリング時の振動や路面から伝わる振動を低減させた。

・エンジンとトランスミッションの制御、およびトランスアクスルやドライブシャフトなどの構造上の隙(すき)を最適化することで、アクセルペダルのオン・オフ時の振動を低減。走行時の音や振動を抑制した。

・フライホイールハウジング内のベアリングの仕様を変更し、静粛性を向上させた。

・トランクカーペットの材質を見直し、静粛性を向上させた。

仕様、装備
・これまで期間限定のディーラーオプションという扱いだったレイズ製ダブルスポークアルミ鍛造ホイール(ハイパーブルーブラッククロームカラーコート)を、正式にメーカーオプションとして採用した。

これらの改良に加え、2015年モデルでは新グレードとして「Track edition engineered by nismo」を追加設定。高性能バージョンである「GT-R NISMO」の専用部品を足まわりやボディーの一部に採用することで、よりスポーティーな走りを実現しているという。

同グレードの主な仕様は以下の通り。
・専用ボンディングボディー
・専用拡幅フロントフェンダー(アウトレットダクト付き)
・専用サスペンション
・専用スタビライザー(フロント・リア 高バネレート)
・専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
・専用タイヤ:ダンロップSP SPORT MAXX GT 600 DSST

2015年モデルのラインナップと価格は以下の通り。
・Pure edition:947万7000円
・Black edition:1040万400円
・Premium edition:1058万7240円
・Track edition engineered by nismo:1170万720円

(webCG)


 

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月16日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2018年モデルを発売した。「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準装備としたほか、インフォテインメントシステムを「Apple CarPlay」に対応させた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
ホームへ戻る