「日産GT-R」が2015年モデルに進化

2014.11.25 自動車ニュース
「日産GT-R」(2015年モデル)

「日産GT-R」が2015年モデルに進化

日産自動車は2014年11月25日、「GT-R」の2015年モデルを発表。同日、販売を開始した。



「Premium edition」
「Track edition engineered by nismo」

2015年モデルの日産GT-Rは、足まわりやパワートレインに改良を施すことで、走行安定性や静粛性、制振性を改善したとうたわれる。

具体的な変更点は以下の通り。

メカニズム
・ショックアブソーバーの減衰力特性の変更やECUの見直しにより、ドライバーの意図しない車両の動きを抑制。コーナリング時にドライバーが狙った通りのラインを走行することを可能とした。同時に、荒れた路面などでの修正舵(だ)を減少させることで、安心感のある走りを実現した。

・路面追従性を向上させるとともに、わだちなどでハンドルがとられにくくするために、タイヤの材質や内部構造を変更。さらに、路面から受ける力を吸収させることで、乗り心地を改善した。

・ブレーキパッドおよびパッドとピストンの間のシムの形状変更により、ブレーキのコントロール性を改善。同時に、不快な音を低減した。

・ステアリング・ダイナミック・ダンパーの設定を最適化し、アイドリング時の振動や路面から伝わる振動を低減させた。

・エンジンとトランスミッションの制御、およびトランスアクスルやドライブシャフトなどの構造上の隙(すき)を最適化することで、アクセルペダルのオン・オフ時の振動を低減。走行時の音や振動を抑制した。

・フライホイールハウジング内のベアリングの仕様を変更し、静粛性を向上させた。

・トランクカーペットの材質を見直し、静粛性を向上させた。

仕様、装備
・これまで期間限定のディーラーオプションという扱いだったレイズ製ダブルスポークアルミ鍛造ホイール(ハイパーブルーブラッククロームカラーコート)を、正式にメーカーオプションとして採用した。

これらの改良に加え、2015年モデルでは新グレードとして「Track edition engineered by nismo」を追加設定。高性能バージョンである「GT-R NISMO」の専用部品を足まわりやボディーの一部に採用することで、よりスポーティーな走りを実現しているという。

同グレードの主な仕様は以下の通り。
・専用ボンディングボディー
・専用拡幅フロントフェンダー(アウトレットダクト付き)
・専用サスペンション
・専用スタビライザー(フロント・リア 高バネレート)
・専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
・専用タイヤ:ダンロップSP SPORT MAXX GT 600 DSST

2015年モデルのラインナップと価格は以下の通り。
・Pure edition:947万7000円
・Black edition:1040万400円
・Premium edition:1058万7240円
・Track edition engineered by nismo:1170万720円

(webCG)


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る