スバルXV仕様変更 専用カラーのPOP STARも登場

2014.11.25 自動車ニュース
「スバルXV 2.0i-L EyeSight」
「スバルXV 2.0i-L EyeSight」

「スバルXV」仕様変更 専用カラーの「POP STAR」も登場

富士重工業は2014年11月25日、クロスオーバー「XV」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車「XV POP STAR」を設定し、同年12月25日に発売すると発表した。


スバルXV仕様変更 専用カラーのPOP STARも登場の画像

スバルXV仕様変更 専用カラーのPOP STARも登場の画像
「アイサイト(ver.3)」のステレオカメラ。
「アイサイト(ver.3)」のステレオカメラ。
サンライズイエローのボディーカラーをまとう、特別仕様車「XV POP STAR」。
サンライズイエローのボディーカラーをまとう、特別仕様車「XV POP STAR」。

今回、インテリアの質感や静粛性、燃費性能、走行性能など、XVの全方位的な進化が図られた。

インテリアの変更点としては、ブルーパネルや金属調リング、マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチカラー)を備えるメーターの採用(「2.0i」を除くガソリン車)、金属調加飾とUSB電源の追加が挙げられる。さらに、直観的なタッチ操作が可能なセンターディスプレイを搭載した、SDナビゲーションシステムもオプション設定される。
ボディー各部への吸音材の追加やウィンドウガラス周辺の構造変更などにより、静粛性も高められている。

パワーユニット各部のフリクションを低減することにより、燃費も最高16.2km/リッターへと向上。新たにSI-DRIVEを採用し、変速特性を最適化することで、燃費性能とドライバビリティーを両立させたという。

走りについては、ショックアブソーバーの減衰力やコイルスプリングのバネ定数の最適化といったサスペンション性能の向上や、ステアリングギア比の変更(15.5:1→14.0:1)などがポイント。ハンドリングと取り回し性の向上が図られた。

運転支援システムは、アクティブレーンキープやクルーズコントロールなど基本性能をアップさせた「アイサイト(ver.3)」が採用されている。

価格は、「XV 2.0i」の225万7200円から「XVハイブリッド 2.0i-L EyeSight」の286万2000円まで。

同時に、特別仕様車「POP STAR」も設定された。
こちらは、専用色「サンライズイエロー」のボディーカラーや専用のカーボン調加飾パネル、オレンジ色のステッチなどが特徴で、サンルーフとSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグも標準で与えられている。

価格は264万6000円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る