第265回:イタリア車文化の発信基地
フィアット/アルファ・ロメオお台場を訪問する

2014.11.27 エッセイ
フィアット/アルファ・ロメオお台場の外観。ファサードの斜めの柱は、アルファ・ロメオのスクード(盾)をイメージしている。

イタリア車輸入販売の老舗、ガレーヂ伊太利屋がフィアット/アルファ・ロメオお台場(東京都江東区)を開業してから2カ月あまりたった。2020年の東京オリンピック開催に向け、街づくりが進みつつある臨海副都心での「手応え」を、同店の野島一彦店長に聞いた。(関連ニュースはこちら)

フィアット/アルファ・ロメオお台場の野島一彦店長。
1階のショールームには6台展示されていた。
ショールームの正面から向かって左がフィアットコーナー、右がアルファ・ロメオコーナー(写真)。奥に古い「ジュリエッタ・ベルリーナ」が見える。
ショールームにはサービス工場が併設されており、車検ラインを含めて7つの作業ベイが備わる。

ファミリー層が中心

フィアット/アルファ・ロメオお台場は、臨海副都心の有明北地区にある。有明テニスの森公園を囲むように広がるこの地区は、マンション開発が進み、新しい小中学校の建設が予定されるなど、生活都市として発展し続けている。

また、6年後の東京オリンピック/パラリンピックの開催に向けて競技場が整備されるほか、それに併せて商業地や公園の整備も計画されており、いままさに街全体が大きく動き始めたところである。

2014年9月13日のオープンから2カ月あまり、お台場店にはどういった層のお客さんがやってくるのだろうか。同店の野島一彦店長は、「近隣にタワーマンションが多く建つ関係から、若いご夫婦やファミリー層のお客さまが多くいらっしゃいます」と語った。

ガレーヂ伊太利屋は麻布十番店(東京都港区)も経営しており、そちらではアルファ・ロメオの人気が高い。しかし、お台場店では、打って変わってフィアットが人気。受注の7割から8割が「フィアット500」という。

「若いご夫婦や、逆にリタイアしてご夫婦でしか乗らないというお客さまには、『パンダ』よりチンクエチェントの方が人気が高い」そうである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ