レクサス、2015年に導入予定の安全技術を発表

2014.11.26 自動車ニュース
「レクサスLS」

レクサス、2015年に導入予定の安全技術を発表

トヨタ自動車は2014年11月26日、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を2015年に導入し、2017年末までに日本、北米、欧州のレクサス全車に設定すると発表した。

 

Lexus Safety System+は、低速域から高速域までの幅広い速度域において、衝突事故の回避支援、またはその被害軽減を図る各安全機能をパッケージ化したものである。

具体的な機能の内容は以下の通り。

・歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報やブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては約10~80km/hの速度域で作動し、例えば歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速して衝突回避を支援する。また車両に対しては約10km/h~最高速の幅広い速度域で作動。例えば停止車両に対して自車の速度が40km/hの場合、約40km/hの減速が可能となっている。

・レーンディパーチャーアラート
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーやディスプレイ表示、ステアリングの振動によってドライバーに警報を発する。また、電動パワーステアリングを制御し、車線内走行をしやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートする「レーンキーピングアシスト」を一部の車両に搭載する。

・オートマチックハイビーム
カメラによって対向車のヘッドランプや先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑(げんわく)を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援する。

・レーダークルーズコントロール
先行車との車間距離をミリ波レーダーで検知し、設定車速内において、先行車の車速に合わせて自車の車速を調節。一定の車間距離を保ちながら追従走行する。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。