トヨタ、緊急自動ブレーキを幅広い車種に設定

2014.11.26 自動車ニュース
「Toyota Safety Sense P」に備わる「歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ」のデモの様子。

トヨタ、緊急自動ブレーキを幅広い車種に設定

トヨタ自動車は2014年11月26日、新たな予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を2015年に導入し、2017年末までに日本、北米、欧州のほぼ全ての乗用車に設定すると発表した。

「Toyota Safety Sense」に用いられるセンサーの説明。
「Toyota Safety Sense」の中心となる3つの予防安全機能。

「Toyota Safety Sense C」に備わる「衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ」のデモの様子。

Toyota Safety Senseは、レーダーやカメラなどのセンシング技術を用いた各種安全機能をパッケージ化したものであり、主にコンパクトカー向けの「Toyota Safety Sense C」と、中型車や上級車向けの「Toyota Safety Sense P」の2種類が設定されている。

具体的な内容は以下の通り。

<Toyota Safety Sense C>
センサーには赤外線レーザーとモノラルカメラを採用。複数のセンサーを併用することで認識性能、信頼性、耐候性を確保している。以下3つの機能を有する。

・衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
赤外線レーザーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、ドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報。ドライバーがブレーキを踏んだ場合は強力なブレーキアシストを作動させる。また、ブレーキが踏まれなかった場合は自動ブレーキが作動。例えば停止車両に対して自車の速度が30km/hの場合は、約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援する。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応する。

・レーンディパーチャーアラート
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに注意を促す。

・オートマチックハイビーム
カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他のドライバーの眩惑(げんわく)を抑えながら、夜間における広い前方視界を確保する。

<Toyota Safety Sense P>
センサーにはミリ波レーダーとカメラを使用。Toyota Safety Sense Cの3つの予防安全機能に加え、レーダークルーズコントロールを備える。また衝突回避支援型プリクラッシュセーフティには歩行者検知機能を付加している。同パッケージのみに用意される機能は以下の通り。

・歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報やブレーキアシスト、自動ブレーキなどによって衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速して衝突回避を支援する。また車両に対しては10km/h~最高速の幅広い速度域で作動。停止車両に対して自車の速度が40km/hの場合には、約40km/hの減速を可能としている。

・レーダークルーズコントロール
ミリ波レーダーによって先行車との車間距離を検知し、設定車速内において、先行車の車速に合わせて自車の速度を調節。一定の車間距離を保ちながら追従走行する。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。