インプレッサ仕様変更 特別仕様車も発売

2014.11.26 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ 2.0i-S EyeSight」
「スバル・インプレッサスポーツ 2.0i-S EyeSight」

「スバル・インプレッサ」仕様変更 特別仕様車も発売

富士重工業は2014年11月25日、「スバル・インプレッサ」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車「インプレッサスポーツ 2.0i EyeSight Active Style」を設定し、発売した。

 
インプレッサ仕様変更 特別仕様車も発売の画像
 
インプレッサ仕様変更 特別仕様車も発売の画像
 
インプレッサ仕様変更 特別仕様車も発売の画像
「インプレッサスポーツ 2.0i EyeSight Active Style」
「インプレッサスポーツ 2.0i EyeSight Active Style」

今回、インプレッサのフロントまわりや、ドアミラー、16インチアルミホイールの形状などが変更された。
一方インテリアは、金属調の加飾やピアノブラック調のパネル、シルバーのステッチなどで質感を向上。一部グレードには、ブルーパネルや金属調リング、マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチカラー)を備えるメーターが採用された。直観的なタッチ操作が可能なセンターディスプレイを搭載した、SDナビゲーションシステムもオプション設定されている。

機関部分については、2リッター水平対向エンジンのフリクションを低減。2リッターモデルはさらにSI-DRIVEを採用することで、優れた燃費性能(FF:17.6km/リッター、4WD:16.2km/リッター)とドライバビリティーを両立させたという。

ショックアブソーバーの減衰力やコイルスプリングのバネ定数の最適化といったサスペンション性能の向上や、ステアリングギア比の変更(16.0:1→14.5:1)なども実施され、ハンドリングと取り回し性の向上が図られた。
ボディー各部への吸音材の追加やウィンドウガラス周辺の構造変更などにより、静粛性も高められている。

運転支援システムは、アクティブレーンキープやクルーズコントロールといった基本性能をアップさせた「アイサイト(ver.3)」が採用された。

価格は、「インプレッサスポーツ」が「1.6i」(FF/CVT)の159万8400円から「2.0i-S EyeSight」(4WD/CVT)の241万9200円まで。「インプレッサG4」が「1.6i」(FF/CVT)の159万8400円から、「2.0i-S EyeSight」(4WD/CVT)の243万円まで。

これに合わせて発売されたインプレッサスポーツ 2.0i EyeSight Active Styleは、ライフスタイルをよりアクティブに楽しくするという特別仕様車。主に以下の特別装備が与えられている。

<エクステリア>
・ルーフレール
・サンルーフ
・17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・サイドシルスポイラー
・ルーフエンドスポイラー
・リアフォグランプ

<インテリア>
・ファブリック/合成皮革シート
・運転席&助手席8ウェイパワーシート
・アルミパッド付きスポーツペダル(アクセル/ブレーキ/フットレスト)
・本革巻きシフトレバー(ピアノブラック調加飾パネル+シルバーステッチ入りシフトブーツ)
・パワーウィンドウスイッチ(メッキ加飾付き)
・トノカバー

<その他>
・振動・騒音対策強化
・クリアビューパック
・UVカット機能付き濃色ガラス
・HIDロービームランプ
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ

2.0i EyeSight Active Styleの価格は、254万8800円。

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサG4インプレッサスポーツスバルインプレッサ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る