ダイハツ・ウェイクG“SA”(FF/CVT)

すべては広さのために 2014.12.02 試乗記 ダイハツから全高1835mm(!)の軽乗用車「ウェイク」が登場。「タント」をも上回る全高と、軽乗用車とは思えない車内空間を持つニューフェイスの、気になる走りを確かめた。

タテヨコ比がおかしなことに!

11月10日に発表されたダイハツの新型軽自動車ウェイクは、現時点で最も背が高い軽乗用車である。その全高1835mmは、ベースとなった同社のタントを85mmも上回る。
ダイハツはこの“超背高ワゴン”のアイデアを以前から温めており、2009年2013年の東京モーターショーでは「DECA DECA(デカデカ)」というコンセプトモデルを提案している。

けれども、この超背高軽ワゴンを市販すると聞いて、「?」と思った。なぜなら、タントでも十分に広かったからだ。
後席の足元スペースは大人が足を組めるくらい余裕があるし、どんなに座高が高い人でも頭上空間に不満を訴える人はいないだろう。それなのに、中東の超高層ビルのように高さを競うのはなぜ?

ダイハツの答えは、居住空間を確保するためではなく、アウトドアのアクティビティーを楽しむベースとしての全高アップ(=容量拡大)というものだった。キャンプ、釣り、サーフィン、サイクリング、スキー/スノーボード、登山の6ジャンルの専門家からのアドバイスをもとに、装備やオプションを企画したとのことだ。
「スズキ・ハスラー」がウケていることから考えても、「遊び用途の広い軽」、すなわちSUK(スポーツ・ユーティリティー・軽)の需要があることはわかる。

試乗会会場で対面したウェイクに一瞬ぎょっとする。常識として頭に刷り込まれている自動車の縦横比から外れているからだ。2台を横に並べると、ようやく見慣れた自動車の形になる。それくらい、背が高い。
事実、正面から見たときの縦×横(全高×全幅)は1835×1475(mm)だから、縦:横はだいたい1.25:1だ。2台並べると、1835×2950(mm)だから、縦:横が0.62:1になる。ちなみに、腰高に見える「ランクル70」でさえ全高1950×全幅1770(mm)で縦:横は1.1:1。やはりウェイクは、横に2台並べたほうが慣れ親しんだクルマの形に近づくのだ。

興味の焦点は、いままでのクルマから見れば異形のモデルであるウェイクが、果たして走らせるとどうなのかというところだ。
これだけ背が高くてふらふらしないのか。ふらふらを抑えるために足ががちがちに固められていないか。風切り音はどうなのか。エンジンの力は足りているのか。確認したいことはいくつかある。早速、試乗に連れ出した。

いわゆるスーパーハイト系を超える室内空間を備えた「ダイハツ・ウェイク」。全高は「タント」を85mmも上回る、1835mmに達する。
いわゆるスーパーハイト系を超える室内空間を備えた「ダイハツ・ウェイク」。全高は「タント」を85mmも上回る、1835mmに達する。
ルーフに回り込むリアクォーターウィンドウが特徴的なサイドビュー。ドアはフロントがヒンジ式、リアがスライド式で、「タント」のようなピラーレス機構は採用していない。
ルーフに回り込むリアクォーターウィンドウが特徴的なサイドビュー。ドアはフロントがヒンジ式、リアがスライド式で、「タント」のようなピラーレス機構は採用していない。
室内空間の追求と、高さを生かしたデザインのため、サイドパネルやテールゲートはほぼ垂直に立てられている。
室内空間の追求と、高さを生かしたデザインのため、サイドパネルやテールゲートはほぼ垂直に立てられている。
インテリアカラーは黒のみの設定で、各所にシルバーのアクセントを配置。助手席側のダッシュボードには、大型のインパネトレイが備わっている。
インテリアカラーは黒のみの設定で、各所にシルバーのアクセントを配置。助手席側のダッシュボードには、大型のインパネトレイが備わっている。
販売店オプションとして、アウトドアレジャーの「達人」から助言を受けて開発したという用品を多数用意。ラゲッジボードやセパレーターネットを使えば、4人分のキャンプの荷物もシートを倒さずに積めるという。
販売店オプションとして、アウトドアレジャーの「達人」から助言を受けて開発したという用品を多数用意。ラゲッジボードやセパレーターネットを使えば、4人分のキャンプの荷物もシートを倒さずに積めるという。
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
ホームへ戻る