ホンダが新型HVセダン「グレイス」を発売

2014.12.01 自動車ニュース
「ホンダ・グレイス」
「ホンダ・グレイス」

ホンダが新型ハイブリッドセダン「グレイス」を発売

本田技研工業は2014年12月1日、新型ハイブリッドセダン「グレイス」を発表し、同日発売した。

ボディーカラーはホワイトオーキッド・パール。
ボディーカラーはホワイトオーキッド・パール。
「グレイス ハイブリッドEX」のインストゥルメントパネル。
「グレイス ハイブリッドEX」のインストゥルメントパネル。
「グレイス ハイブリッドEX」の前席。 
「グレイス ハイブリッドEX」の前席。 
「グレイス ハイブリッドEX」の後席。
「グレイス ハイブリッドEX」の後席。
1.5リッター直4ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたスポーツハイブリッドi-DCDを搭載する。
1.5リッター直4ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたスポーツハイブリッドi-DCDを搭載する。
FF車のトランク容量は430リッター(VDA方式による)。
FF車のトランク容量は430リッター(VDA方式による)。

■ワンランク上の広さと質感を目指す

2014年10月末に公式ホームページで先行公開された新型ハイブリッドセダン、グレイス。ホンダによれば、「1モーターシステムでありながらEV発進を可能にしたハイブリッドシステム“SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド) i-DCD”を搭載。優れた低燃費と力強い走りに加え、コンパクトセダンの扱いやすさと、上級セダンのようなゆとりある広さや上質な室内空間を融合した、新時代のコンパクトセダン」であるという。

グレイスは、ホンダとしては初代「フィット」をベースとした、タイ生産の「フィット アリア」を2009年に販売終了して以来、久々の5ナンバーサイズのセダンとなる。成り立ちもフィット アリアに近く、いうなれば「フィットハイブリッド」のセダン版である。

ボディーサイズは全長4440mm、全幅1695mm、全高1475mm(FF)で、ホイールベースはフィットより70mm長い2600mm。ハイブリッドもラインナップする、5ナンバーサイズの代表的セダンである「トヨタ・カローラ アクシオ」と比較すると、ホイールベースと全幅は同じで、全長は80mm長く、全高は15mm高い。

そのサイズに抑えながら、堂々としたスタイリングと広々とした室内空間がグレイスの大きな特徴。とくに後席の居住空間の広さはアッパーミドル級に迫り、リアドア開口部を広くすることで優れた乗降性を実現。トランクルームも430リッターの大容量を確保し、トランクスルーも可能。またノイズ対策を徹底して静粛性の向上を図り、室内の質感の高さと充実した装備も既存のコンパクトセダンの枠を超えたという。

■ハイブリッド専用セダン

パワートレインは、スペックを見る限りではフィットハイブリッドとまったく同じ。アトキンソンサイクルの1.5リッター直4 DOHCのi-VTECエンジンと高出力モーター内蔵7段デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたスポーツハイブリッドi-DCDで、システム最高出力は137ps。駆動方式はFFとビスカスカップリング式の4WDが用意される。
スポーツハイブリッドi-DCDは走行状況に応じてモーターのみ、エンジンのみ、双方を使ったハイブリッドの3つの走行モードの中から最も効率のいいモードを自動的に選択、JC08モードの燃費はリッターあたり34.4km(FFの「ハイブリッドDX」と「ハイブリッドLX」)と発表されている。

グレードは下位からハイブリッドDX、ハイブリッドLX、「ハイブリッドEX」の3種類で、すべてにFFと4WDを設定。最上級のEXには30km/h以下での追突防止を支援する「シティブレーキアクティブシステム」と側面衝突時に保護性能を発揮する「前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム」をセットにした「あんしんパッケージ」が標準装備(ハイブリッドDXとハイブリッドLXにはオプション)となる。価格は195万~240万9800円。

(文=沼田 亨)

→「ホンダ・グレイス」のさらに詳しい写真はこちら

関連記事
  • ホンダ・グレイス 2014.12.1 画像・写真 ホンダの新型ハイブリッドセダン「グレイス」のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.15 試乗記 ホンダから久しぶりに5ナンバーサイズのセダンが登場した。「グレイス」の売りは、手ごろなサイズのボディーでありながら、アッパーミドルクラス並みの居住性が備わること。また、ハイブリッドパワーユニットを搭載し、34.4km/リッターという低燃費を実現したのも自慢だ。最上級の「HYBRID EX」グレードに試乗し、その「セダン力」を探った。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.2 試乗記 ホンダ・フィットハイブリッドRS(FF/6MT)
    ……226万2500円

    ハイブリッドカーは効率を追求した乗り物。CVTではなく、あえてマニュアルトランスミッションという“非効率的”な手段を選ぶ意義とは?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
ホームへ戻る