メルセデスCLAにスポーツワゴンが登場

2014.11.27 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツCLA シューティングブレーク」
「メルセデス・ベンツCLA シューティングブレーク」

「メルセデス・ベンツCLAクラス」にスポーツワゴンの「シューティングブレーク」登場

独ダイムラーは2014年11月25日、「メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク」を発表した。

 
メルセデスCLAにスポーツワゴンが登場の画像
 
メルセデスCLAにスポーツワゴンが登場の画像
 
メルセデスCLAにスポーツワゴンが登場の画像
「CLA45 AMGシューティングブレーク」
「CLA45 AMGシューティングブレーク」
 
メルセデスCLAにスポーツワゴンが登場の画像

■最高出力360psのAMGモデルもラインナップ

メルセデス・ベンツCLAシューティングブレークは、4ドアクーペ「CLAクラス」をベースとしたワゴンモデルである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4630×1777×1435mm。エクステリアの意匠は、天地方向に薄いガラスエリアや後ろへ行くにつれて緩やかに下降するルーフライン、大きく傾斜したテールゲートなどを取り入れたスポーティーなもので、デザイン性だけでなく、Cd値を0.26に抑えるなど空力性能にも配慮している。

一方インテリアについては、ボディーの後方までルーフラインが伸びたことで、4ドアクーペモデルと比べて後席の室内高が拡大。ラゲッジルームの容量は495リッターで、後席を格納すれば最大で1354リッターの空間を得ることができる。

パワーユニットはガソリンが3種類、ディーゼルが2種類の全5種類(欧州仕様の場合)で、燃費性能は2.1リッター直4ディーゼルエンジンを搭載した「CLA200 CDI」(7G-DCT搭載車)で3.9~4.2リッター/100km(約23.8~25.6km/リッター)を実現。最高出力211psを発生する2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した「CLA250」には、4WD車の「4MATIC」も設定される。

ラインナップは「CLA200 CDI」「CLA220 CDI」「CLA180」「CLA200」「CLA250」「CLA250 4MATIC」の全6種類。パワーユニットや駆動方式に由来するこれらのグレードに加え、装備やデザインの異なる「AMGライン」と「アーバン」の2種類の仕様を用意している。

また、これらのモデルに加え、高性能モデルの「CLA45 AMGシューティングブレーク」も設定される。パワーユニットや駆動システムなどは4ドアの「CLA45 AMG」と共通で、最高出力360ps、最大トルク45.9kgmを発生させる2リッター直4直噴ターボエンジンに7段デュアルクラッチ式AT「AMGスピードシフトDCT」、四輪駆動システム「AMGパフォーマンス4MATIC」の組み合わせ。0-100km/h加速は4.7秒という動力性能を実現している。

本国における販売開始は2015年1月、納車開始は同年3月を予定。CLA45 AMGシューティングブレークのみ、2015年3月のジュネーブショーで発表し、同月発売を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLAシューティングブレークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツEクラス オールテレイン 2016.9.27 画像・写真 独ダイムラーが、パリモーターショー2016(開催期間:2016年9月29日~10月16日)で「メルセデス・ベンツEクラス オールテレイン(All‑Terrain)」を世界初公開すると発表した。EクラスベースのクロスオーバーSUVの姿を、写真で紹介する。
  • アウディA6オールロードクワトロ(4WD/7AT)【ブリーフテスト】 2013.4.9 試乗記 ……889万円
    総合評価……★★★★

    2012年の夏に、300台の台数限定で日本に導入された「アウディA6オールロードクワトロ」。オンにもオフにも対応する専用設計の足まわりと、アウディ自慢のエンジンとトランスミッションが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売NEW 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
ホームへ戻る