「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)

2014.11.28 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。「デミオ」「ポロ」「アクア」に続いては、「プジョー208」を取り上げる。フランス人の合理主義はハッチバック車にどのような進化をもたらした? ミスターGT-Rが分析する。


「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)の画像 拡大

「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)の画像 拡大

「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)の画像 拡大
プジョー208アリュール
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm/ホイールベース:2540mm/車重:1070kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:5AT/最高出力:82ps/5750rpm/最大トルク:12.0kgm/2750rpm/タイヤ:(前)195/55R16 (後)195/55R16/車両本体価格:219万円
プジョー208アリュール
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm/ホイールベース:2540mm/車重:1070kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:5AT/最高出力:82ps/5750rpm/最大トルク:12.0kgm/2750rpm/タイヤ:(前)195/55R16 (後)195/55R16/車両本体価格:219万円 拡大

■サイドシルが立派なワケは……

このところ、「マツダ・デミオ」「フォルクスワーゲン・ポロ」そして「トヨタ・アクア」と、注目の小型ハッチバック車を続けて取り上げてきました。今回は、フレンチハッチの「プジョー208」をテストします。

そもそもハッチバックというものを世に広めたクルマが何か、ご存じでしょうか。古くは1950年代の「シトロエン・トラクシオン アヴァン」にリアゲートを持つ商用車仕様があったようですが、もっと一般的なものに話をしぼれば、1960年代にデビューした「ルノー4」(デビュー年は1961年)や、「ルノー16」(同1965年)などがハッチバックの元祖と言われています。その後、1970年代に入ってから「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が登場して世界的なヒット作となり、この車型をいわばベーシックカーの原型として定義付けました。

いずれにしても、ハッチバックを「発明」したのは合理的精神に満ちたフランス人だと言っていいでしょう。最新のフレンチハッチはどんな志が貫かれているのでしょうか。テストが楽しみです。

その前に、今回試乗する「208アリュール」についてざっと説明しておきましょう。2014年現在、日本での208は、1.2リッター直列3気筒エンジン(82ps、12.0kgm)を積んだ5ドアのモデル群を中心に、その上下をよりパーソナルな3ドアモデルで挟むラインナップになっています。具体的には、1.6リッター直4ターボエンジンを搭載するスポーティーな「GTi」(200ps、28.1kgm)と、スタイリッシュに装った「XY」(156ps、24.5kgm)が上位にあり、一方、1.2リッターを用いた「アリュール」が、ベーシックグレードとして用意されます。

アリュールには、シングルクラッチ式の2ペダル5段MT「ETG」と、コンベンショナルな3ペダル式の5段MTの、2種類のトランスミッションがあります。今回はETGの方をテストします。

さて、208アリュールに乗り込もうとしてまず気付いたのは、意外なまでのサイドシルの太さ。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
208プジョー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.30 試乗記 走行性能に磨きをかけたルノーのホットハッチ「ルーテシアR.S.トロフィー」。その実力を探るべく、レーシングドライバーの谷口信輝が筑波サーキットで試乗した。ライバル車との乗り比べを交え、走りの特徴を報告する。
ホームへ戻る