「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)

2014.11.28 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。「デミオ」「ポロ」「アクア」に続いては、「プジョー208」を取り上げる。フランス人の合理主義はハッチバック車にどのような進化をもたらした? ミスターGT-Rが分析する。


「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)の画像
プジョー208アリュール
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm/ホイールベース:2540mm/車重:1070kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:5AT/最高出力:82ps/5750rpm/最大トルク:12.0kgm/2750rpm/タイヤ:(前)195/55R16 (後)195/55R16/車両本体価格:219万円
プジョー208アリュール
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm/ホイールベース:2540mm/車重:1070kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:5AT/最高出力:82ps/5750rpm/最大トルク:12.0kgm/2750rpm/タイヤ:(前)195/55R16 (後)195/55R16/車両本体価格:219万円

■サイドシルが立派なワケは……

このところ、「マツダ・デミオ」「フォルクスワーゲン・ポロ」そして「トヨタ・アクア」と、注目の小型ハッチバック車を続けて取り上げてきました。今回は、フレンチハッチの「プジョー208」をテストします。

そもそもハッチバックというものを世に広めたクルマが何か、ご存じでしょうか。古くは1950年代の「シトロエン・トラクシオン アヴァン」にリアゲートを持つ商用車仕様があったようですが、もっと一般的なものに話をしぼれば、1960年代にデビューした「ルノー4」(デビュー年は1961年)や、「ルノー16」(同1965年)などがハッチバックの元祖と言われています。その後、1970年代に入ってから「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が登場して世界的なヒット作となり、この車型をいわばベーシックカーの原型として定義付けました。

いずれにしても、ハッチバックを「発明」したのは合理的精神に満ちたフランス人だと言っていいでしょう。最新のフレンチハッチはどんな志が貫かれているのでしょうか。テストが楽しみです。

その前に、今回試乗する「208アリュール」についてざっと説明しておきましょう。2014年現在、日本での208は、1.2リッター直列3気筒エンジン(82ps、12.0kgm)を積んだ5ドアのモデル群を中心に、その上下をよりパーソナルな3ドアモデルで挟むラインナップになっています。具体的には、1.6リッター直4ターボエンジンを搭載するスポーティーな「GTi」(200ps、28.1kgm)と、スタイリッシュに装った「XY」(156ps、24.5kgm)が上位にあり、一方、1.2リッターを用いた「アリュール」が、ベーシックグレードとして用意されます。

アリュールには、シングルクラッチ式の2ペダル5段MT「ETG」と、コンベンショナルな3ペダル式の5段MTの、2種類のトランスミッションがあります。今回はETGの方をテストします。

さて、208アリュールに乗り込もうとしてまず気付いたのは、意外なまでのサイドシルの太さ。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る