「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)

2014.11.28 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。「デミオ」「ポロ」「アクア」に続いては、「プジョー208」を取り上げる。フランス人の合理主義はハッチバック車にどのような進化をもたらした? ミスターGT-Rが分析する。


「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.77 「プジョー208アリュール」(前編)の画像
プジョー208アリュール
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm/ホイールベース:2540mm/車重:1070kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:5AT/最高出力:82ps/5750rpm/最大トルク:12.0kgm/2750rpm/タイヤ:(前)195/55R16 (後)195/55R16/車両本体価格:219万円
プジョー208アリュール
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm/ホイールベース:2540mm/車重:1070kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:5AT/最高出力:82ps/5750rpm/最大トルク:12.0kgm/2750rpm/タイヤ:(前)195/55R16 (後)195/55R16/車両本体価格:219万円

■サイドシルが立派なワケは……

このところ、「マツダ・デミオ」「フォルクスワーゲン・ポロ」そして「トヨタ・アクア」と、注目の小型ハッチバック車を続けて取り上げてきました。今回は、フレンチハッチの「プジョー208」をテストします。

そもそもハッチバックというものを世に広めたクルマが何か、ご存じでしょうか。古くは1950年代の「シトロエン・トラクシオン アヴァン」にリアゲートを持つ商用車仕様があったようですが、もっと一般的なものに話をしぼれば、1960年代にデビューした「ルノー4」(デビュー年は1961年)や、「ルノー16」(同1965年)などがハッチバックの元祖と言われています。その後、1970年代に入ってから「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が登場して世界的なヒット作となり、この車型をいわばベーシックカーの原型として定義付けました。

いずれにしても、ハッチバックを「発明」したのは合理的精神に満ちたフランス人だと言っていいでしょう。最新のフレンチハッチはどんな志が貫かれているのでしょうか。テストが楽しみです。

その前に、今回試乗する「208アリュール」についてざっと説明しておきましょう。2014年現在、日本での208は、1.2リッター直列3気筒エンジン(82ps、12.0kgm)を積んだ5ドアのモデル群を中心に、その上下をよりパーソナルな3ドアモデルで挟むラインナップになっています。具体的には、1.6リッター直4ターボエンジンを搭載するスポーティーな「GTi」(200ps、28.1kgm)と、スタイリッシュに装った「XY」(156ps、24.5kgm)が上位にあり、一方、1.2リッターを用いた「アリュール」が、ベーシックグレードとして用意されます。

アリュールには、シングルクラッチ式の2ペダル5段MT「ETG」と、コンベンショナルな3ペダル式の5段MTの、2種類のトランスミッションがあります。今回はETGの方をテストします。

さて、208アリュールに乗り込もうとしてまず気付いたのは、意外なまでのサイドシルの太さ。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る