ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR(FF/6MT)

生粋のリアルスポーツ 2014.12.04 試乗記 ニュル最速をうたうFF車「ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR」が日本に上陸。その完成度はどれほどのものなのか? 鈴鹿サーキットを舞台に、その走りを試した。

欧州の自動車文化を育んできたニュル

飛んだり、跳ねたり、滑ったり――自らステアリングを握ってコースへと躍り出れば、そうした表現が決して大げさではないことが納得できるのが、ドイツはニュルブルクリンクの旧コース。そこはいわゆる“サーキット”の概念を覆すほど起伏が激しく、しかもその舗装状態は、あるポイントを境に突然大きく変わったりもする。

加えて、サーキットであれば当然のように完備されるエスケープゾーンがほとんど存在しないか、あっても申し訳程度の小ささ。もはや“昔話”の類いに入るが、それでもかつてこの場でフォーミュラ1のレースが開催されていたという事実は、正直言ってほとんど正気の沙汰とは思えないくらいだ。

一方で、地形がそのままに生かされた他に例を見ない“自然なコース”であるからこそ、世界の名だたる自動車メーカーがこの場を開発のため、あるいは走りのポテンシャルの確認のために用いるというのは、こちらもまたしごく納得できる事柄ではある。

ある時、各メーカーがこのコースを共同で借り切る占有時間帯に走行するクルマたちを眺めていたら、とある欧州メーカーのパネルバンが勢いよく走ってくる姿に仰天! ファミリーセダンに対してすら、「これはサーキットを走るようなモデルではありませんから」と平然と言ってのける日本のメーカーの開発陣がこんな光景を目にしたら、果たしてどのような思いを抱くのだろうか……。このコースは、欧州の自動車文化を育んできた場所そのものでもあるのだ。

今回の試乗の舞台は、三重県の鈴鹿サーキット。ドライコンディションのもと、テストドライブが実施された。
今回の試乗の舞台は、三重県の鈴鹿サーキット。ドライコンディションのもと、テストドライブが実施された。
「メガーヌ ルノースポール トロフィーR」のフロントまわり。「TROPHY-R」のロゴが入った赤いスポイラーが、強烈に個性を主張する。
「メガーヌ ルノースポール トロフィーR」のフロントまわり。「TROPHY-R」のロゴが入った赤いスポイラーが、強烈に個性を主張する。
インテリアの造形は、基本的にノーマルの「メガーヌ ルノースポール」と同じ。エクステリア同様、赤がアクセントとして使われる。
インテリアの造形は、基本的にノーマルの「メガーヌ ルノースポール」と同じ。エクステリア同様、赤がアクセントとして使われる。
真っ赤なアロイホイールはスピードライン製のもので、サイズは19インチ。ボディーカラーは「ブラン ナクレM」(白のメタリック)×黒いルーフのツートンカラーのみとなる。
真っ赤なアロイホイールはスピードライン製のもので、サイズは19インチ。ボディーカラーは「ブラン ナクレM」(白のメタリック)×黒いルーフのツートンカラーのみとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る