BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/6AT)

使いこなす歓び 2014.12.03 試乗記 BMWブランド初のFFモデル「2シリーズ アクティブツアラー」がいよいよ日本の道に降り立った。その走りに“BMWらしさ”は宿るのか。1.5リッター直3ターボエンジンを搭載する「218iアクティブツアラー」で箱根のワインディングロードを駆けぬけた。

初めてのFF

クルマ好きにとっては今年一番の注目モデルかもしれない。何しろ2シリーズ アクティブツアラーはBMWブランドとして初めての前輪駆動(FWD)モデル。これまで後輪駆動のスポーツセダンにこだわってきたプレミアムブランドが、ついに手を染めた“FF”である。どのような車に仕上がっているのか、という興味以前に、あのBMWが作るならばFWD車にも“駆けぬける歓び”はあるのか、あるいは他の多くのFWDモデルとは違ってBMWならではの特徴があるのか等々、議論好きのエンスージアストたちの酒の肴(さかな)として格好の題材になっているはずだ。もちろんそれはBMWも先刻承知だろうが、新型車は主に、おそらく駆動方式の違いなど気にも留めない新しいカスタマーに向けた新ジャンル商品であることも事実だ。まずは虚心坦懐(たんかい)を言い聞かせて、箱根での試乗会に赴いた。

例によってBMWは“スポーツ・アクティビティ・ツアラー(SAT)”という独自のネーミングで呼ぶのだけれど、新しい2シリーズ アクティブツアラーは、その形態で言えばわれわれ日本人には見慣れた背の高い5ドアハッチバックである。キドニーグリルやL字型のテールランプ、ボディーサイドのシャープなアクセントラインやリアクオーターウィンドウの切り方など特徴的なディテールがBMWらしさを巧妙に演出しているが、あえてそれを見ないようにすればフォルムそのものはいわゆるミニ・ミニバン、大きめの「ホンダ・フィット」といってもいい。

ボディーの全長×全幅×全高は4350×1800×1550mm、ホイールベースは2670mmというもの。直接的なライバルであるはずの「メルセデス・ベンツBクラス」に比べると、全長だけはわずかに短いが、それ以外はひと回り大きい。ただし、日本仕様は車高が10mm低くなるスポーツサスペンションを備え、全高を1550mmに抑えて一般的なタワーパーキングにも対応するように仕立てられている。また「3シリーズ」と同様、全幅が1800mmという点も日本市場を考慮してあることがうかがえる。このぐらいのサイズが日本でコンパクトといっても通用する上限だろう。

スリーサイズは全長4350×全幅1800×全高1550mm。日本仕様の全高はタワーパーキングに収まるサイズに抑えられている。
スリーサイズは全長4350×全幅1800×全高1550mm。日本仕様の全高はタワーパーキングに収まるサイズに抑えられている。
BMWの名にふさわしい高い質感を持つインテリア。シートカラーは「キャンベラ・ベージュ」。
BMWの名にふさわしい高い質感を持つインテリア。シートカラーは「キャンベラ・ベージュ」。
「ラグジュアリー」仕様では、穴あけ加工(パーフォレーテッド)が施されたダコタレザーシートが標準装備となる。
「ラグジュアリー」仕様では、穴あけ加工(パーフォレーテッド)が施されたダコタレザーシートが標準装備となる。
車重は1490kg(電動パノラマ・ガラス・サンルーフ装着車)で、前後軸の重量配分は58:42(車検証記載値による)。
車重は1490kg(電動パノラマ・ガラス・サンルーフ装着車)で、前後軸の重量配分は58:42(車検証記載値による)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2シリーズ アクティブツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る