第266回:ルノースポール、鈴鹿に挑む ~“ニュル最速モデル”のチャレンジ【Movie】

2014.12.01 エディターから一言
「ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR」
「ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR」

ルノーのスポーツモデルやレーシングカーの開発を担うルノースポールが来日。2014年11月12-13日の日程で、鈴鹿サーキットにおいて開発テストを行った。
中でも注目されたのは、2015年春に発売される「メガーヌ ルノースポール トロフィーR」による、国際レーシングコースのタイムアタック。結果はどうだったのか? その様子を動画でリポートする。

2015年春に60台限定で発売される「トロフィーR」。シリーズ最強となる273psを発生する。
2015年春に60台限定で発売される「トロフィーR」。シリーズ最強となる273psを発生する。
タイムアタックの担い手は、ルノースポールの“トップガン”ロラン・ウルゴン。鈴鹿はとても好きなコースだという。
タイムアタックの担い手は、ルノースポールの“トップガン”ロラン・ウルゴン。鈴鹿はとても好きなコースだという。
走行前。ロラン・ウルゴンが入念にタイヤの状態をチェックする。
走行前。ロラン・ウルゴンが入念にタイヤの状態をチェックする。
今回鈴鹿を走った車両は、半年前にニュルブルクリンクで量販FF車の最速タイムをたたき出したクルマそのもの。足まわりを鈴鹿用にリセッティングしたうえでタイムアタックに臨んだ。
今回鈴鹿を走った車両は、半年前にニュルブルクリンクで量販FF車の最速タイムをたたき出したクルマそのもの。足まわりを鈴鹿用にリセッティングしたうえでタイムアタックに臨んだ。

■最速コンビの真剣勝負

今回ルノースポールが鈴鹿に持ち込んだのは、「ルノー・メガーヌ ルノースポール」のさらなる高性能版「トロフィーR」。エンジンのパワーアップや足まわりの強化のみならず、モノコックシートの採用、リアシートの撤去などにより軽量化が図られた、ハードコアなハイパフォーマンスモデルである。

しかもその個体は、今年6月にドイツのニュルブルクリンク北コースで、量産型FF車の最速タイム7分54秒36を記録した車両そのもの。ステアリングを握るのも、記録を出したルノースポールのテストドライバー ロラン・ウルゴン本人だ。

昨2014年、ウルゴンが初めてノーマルのメガーヌ ルノースポールで鈴鹿を走った際のタイムは、2分33秒328。
さらに走りに磨きをかけたメガーヌ ルノースポール トロフィーRで、その記録をどれだけ更新できるのか? ルノーこだわりのニューモデルは、どんな走りを見せるのか? タイムアタックの様子を、動画で紹介する。


【Movie】トロフィーR、鈴鹿を走る!
ニュルで量販FF車最速タイムを出したロラン・ウルゴンが、同じ車両で鈴鹿をアタック。結果は……?

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る