ランドローバー・レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック(4WD/9AT)

いいとこついてるね 2014.12.08 試乗記 デビュー以来着々と改良を重ねる、個性派SUV「レンジローバー イヴォーク」。最新“2015年モデル”の到達点を、3ドアの「クーペ ダイナミック」で確かめた。

見た目で比べりゃクーペが主役

2015年モデルのレンジローバー イヴォークに乗った。試乗したのは3ドアのクーペ ダイナミックである。
イヴォークが日本に上陸したのは2012年の春。これまでの品ぞろえは5ドアと3ドアが半々だったが、2015年モデルから5ドアのラインナップが増え、3ドアはこのクーペ ダイナミックのみになった。9割近くの人が5ドアを選ぶ日本のニーズに合わせたものである。

そんなわけで、路上でイヴォークを目撃しても、クーペである確率は極めて低いが、あらためて見ると、やっぱりこのボディーはカッコイイ。試乗車は車体もホイールもブラック。これがあのランドローバー製品かと、目をこすりたくなるようなすごみを放つ。

ボディー全長と全幅は同じだが、全高はクーペが3cm低い。ロールーフによって、チョップトップ的なグリーンハウスと、前のめりのウエストラインがさらに強調される。
5ドアではダイナミックと新グレードのオートバイオグラフィーに標準装備される20インチホイールも、クーペフォルムとの組み合わせで最も映える。イヴォークデザインの神髄はクーペである。1700kg台のオーダーとはいえ、車重が5ドアより30kg軽いことも見逃せない。

「スポーティーでスタイリッシュなプレミアムコンパクトSUV」として「レンジローバー イヴォーク」が初めて紹介されたのは、2010年9月のパリモーターショー。当初のボディー形状は3ドアのみだった。


    「スポーティーでスタイリッシュなプレミアムコンパクトSUV」として「レンジローバー イヴォーク」が初めて紹介されたのは、2010年9月のパリモーターショー。当初のボディー形状は3ドアのみだった。
ヘッドレスト一体型のオックスフォードレザースポーツバケットシート。オプション「DYNAMIC PLUSパック」に含まれる。
ヘッドレスト一体型のオックスフォードレザースポーツバケットシート。オプション「DYNAMIC PLUSパック」に含まれる。
直線基調のデザインでまとめられるインテリア。左右席の間にはスロープ状のセンターコンソールが渡される。
直線基調のデザインでまとめられるインテリア。左右席の間にはスロープ状のセンターコンソールが渡される。
「ブラックデザインパック」を選択したテスト車は、ご覧の通りの黒ずくめ。アルミホイールやランプ類、マフラーエンド、エンブレムなども黒で統一される。
「ブラックデザインパック」を選択したテスト車は、ご覧の通りの黒ずくめ。アルミホイールやランプ類、マフラーエンド、エンブレムなども黒で統一される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.18 試乗記 最高出力550psの過給機付き5リッターV8エンジンを搭載し、オンロードでの動力性能を突き詰めた「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」。強烈なパフォーマンスとランドローバーならではの上質感が織り成す、走りの魅力に触れた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
ホームへ戻る