スズキ・キャリイKCエアコン・パワステ(FR/5AT)

「軽トラ」と侮るなかれ 2014.12.05 試乗記 スズキ独自のシングルクラッチ式2ペダルMTを搭載した「スズキ・キャリイ」が登場。トランスミッションの出来栄えと、最新の軽トラックの実力を試した。

見事な出来のトランスミッション

広報車が用意された主な理由はトランスミッションがこれだからのはずなので最初に書くと、スズキが「AGS(Automatic Gear Shiftの頭文字)」と呼称するAMT(Automated Manual Transmission=自動化されたマニュアルトランスミッション、の頭文字)はデキがよい。乗用車にもこれつきのバージョンを用意したらいいのに。クラッチはデュアルではなくシングルなので、変速時のトルク切れはもちろんというかハッキリあるけれど、このタイプの変速機が嫌われてきた主な要因であるところの、発進直後の変速時のツンノメリ感はうまいことナンとかしてある。発進するたび腹筋にウッと力を入れてしのいでいるうちにストレスがだんだん、またはどんどん……ということにならないように。

走行中、クラッチがきれた瞬間に乗員をツンノメらせることは、3ペダルのMTでもできなくはない。というかフツーにやれる。例えば加速の途中、アクセルペダルが踏み込まれる操作によってスロットル弁の開度がまだ上がっている最中にバツンとクラッチをきってしまえばよい……はず。

意識して運転している人は少ないかもしれないけれど、MT車をスムーズに動かす際キモになっているのは実は右足の操作である。変速のための操作の前半に関していうと、左足がクラッチペダルを踏み込んでいってクラッチがきれる瞬間、というかその直前に加速方向のGがスッと消える方向にしてやるとうまくいく。うまくいっているということは、そういう操作ができている。変速するたびイチイチ考えてはいなくても。

で、キャリイのAGS。クラッチがきれた際のツンノメリ感がないかまたは軽微であるということは、そのへんの制御が上手。日本メーカーの製品ならではの、細かい作り込みの成果。そう判断してよいと思われる。アクセルペダルの足応えがスカスカにカルすぎ……ではないのも利いている。

商用車ならではの、機能性に特化したインストゥルメントパネルまわり。トレーやポケット、ドリンクホルダーなど、収納は充実している。
AGS(オートギアシフト)のシフトセレクター。引いてシフトアップ、押してシフトダウンの手動変速モードを備えている。
シングルクラッチAT車なので、ペダルはもちろん2ペダル。キャビン側面のほぼ全体がドアとなっているので、乗降時のいわゆる「足抜き性」はよい。
ボディーカラーは全3色。全8色を用意する「ダイハツ・ハイゼット」に一歩譲る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・キャリイKCエアコン・パワステ(FR/5AT)【試乗記】 2014.12.5 試乗記 スズキ独自のシングルクラッチ式2ペダルMTを搭載した「スズキ・キャリイ」が登場。トランスミッションの出来栄えと、最新の軽トラックの実力を試した。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る