第268回:FCVはいずこへ?
ロサンゼルスオートショー取材記

2014.12.05 エッセイ
LAオートショー2014でのフォルクスワーゲンブース。

ホンダが燃料電池車(FCV)「FCVコンセプト」を披露すると、その翌日にトヨタが「ミライ」を発表し、そのまた翌日、11月19日に始まったロサンゼルス(LA)オートショーではフォルクスワーゲングループが2台のFCVを出展し……と、11月の4週目は海を挟んで“FCVウイーク”の様相を呈した。そうなると、LAショーはさぞかし環境づいていたのだろうと思うかもしれない。しかし、実際はそうでもなかったのだ。11月30日に閉幕したLAショーを総括する。

ホンダは2014年11月17日、東京・青山の本社で「FCVコンセプト」を発表した。(写真=webCG)
ホンダの発表の翌日、トヨタはFCVの「ミライ」を日本科学未来館で発表した。(写真=webCG)

お台場からLAへ直行

お台場の日本科学未来館から成田空港に行くなら、ゆりかもめ線で新橋まで出て、そこから都営浅草線エアポート快特に乗り換えると最短で1時間30分少々、料金は1699円で移動できる。

なんでそんなことを知っているかというと、トヨタが日本科学未来館でFCV、ミライの発表会を行ったその日に、私は成田からロサンゼルスに向けて飛び立つ飛行機に乗る予定になっていたからだ。

ロサンゼルスではLAショーを取材するほか、フォルクスワーゲンとアウディが開発したFCVの試作車に試乗し、アウディの新デザイン体制に関するプレゼンテーションに参加する予定になっていた。

さらに言えば、この前日にはホンダがFCVコンセプトカーの説明会を実施していた。つまり、わずか3日間に、私はトヨタとホンダのFCV発表会に参加し、フォルクスワーゲンとアウディのFCVに試乗するという、実に濃密なFCV体験をする日程になっていたのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ